無敵の証明:ずっと出っ放しの杭は叩かれない

こっちは友人どころか知人とも思っていないのにあっちは親友に近い友人だと勘違いしている男から「やっぱ出る杭は打たれるのだろうか・・」というメールが届いた。お願いだ、確実に「・・・」と3つ打ってくれ。気になり出すと井村屋先生の粒あんも喉を通らないんだよ。「出る杭は打たれるが出過ぎた杭は打たれない」などと立派なことをおっしゃる者がいるが、それでは名城大学法学部すら受からないだろう。今のソフトバンクの孫正義やプロレスラーの蝶野正洋を叩く奴は誰一人いない。それはなぜか?彼らが出過ぎているからだろうか?それは違うよね。蝶野に関しては怖いからだけど孫正義はと言えば出っ放しだからだよ。出たり引っ込んだりする奴が叩かれるし、叩きやすい存在に見えるんだがね。要は、モグラ叩きと同じだ。出たり引っ込んだりする奴を見ると「おぉ!ちょっと叩いてみたろかしゃん♪」と生理的に誰もが思ってしまうんだよ。ところが、ずっと出っ放しの奴は叩かれるどころか逆に不気味で脅威と恐れられる。「出てるだけ」「引っ込まないだけ」なのにね。今日もまたタダで素晴らしいことを言ってしまったそんな気がする。手作りの海鮮丼は美味だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする