スタバ@ASTY岐阜店の片隅で「店内での勉強」について思う賛否両論

今日の岐阜は死なんけど死ぬほど暑かったのでまったりしようとスタバ@ASTY岐阜店に飛び込んだ。僕のようなスターバッカーには最新の商品情報がメールで知らされる。いつの世も選ばれし者だけが頂点を極めるんだ。そんなこんなで当然のように「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」を味わったった。無難に美味いが、同じ620円を払うならサイゼリヤで死なんけど死ぬほど食える。そんなことより土曜日だからか先客で5人の男子高校生がいた。偏差値58から伸び悩んでいるような感じの彼らは2脚の椅子がある丸テーブルをひとりずつそれぞれが独占していた。しかも丸テーブルには所狭しとテキストを広げて「a\e@54p03/;@psfd」ってな感じでマケドニア語か英語か判別できないような小さな声を上げて勉強していた。おそらく英語だろう。この僕には考えられない愚行だ。スタバってよくこんな愚行を許しているね。僕が経営者なら当然、勉強など禁止にするし「違反者を見付けたら速攻で撃ってもOK!」という独自のルールを設けるだろう。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それ以前に銃刀法違反だろ。でも、それくらい許せない。そもそもこんな連中が店にいるといい客が寄り付かなくなる。いい客はいい客を呼び、悪い客は悪い客を呼ぶ。これ、商売の鉄則だよ。まぁ、店が彼らを許しているわけだから僕が注意するわけにもいかず、苦肉の対処策として空っぽの「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」をズーズーズ、ズーズズズーとストローで吸って大きな音を立てまくって邪魔したったげ。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それ以前に大人気ないだろ。あ、この場合は「だいにんき」ではなく「おとなげ」と読んでほしい。はい、偏差値58から伸び悩んでいる全国の高校生諸君、涼しくて何気に快適だからと土曜日の午前中にたった1杯のドリップコーヒー、しかもショートサイズをちびちびとビンボー臭く飲みながらスタバで勉強したところで成績なんぞ1ミリも上がりゃしないよ。周りの迷惑にも気付かない&気配りもできない大バカ野郎では死ぬほど勉強していい大学に入ったところで今のお父さんとお母さんの生活以上の暮らしは100%できやしないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする