(カタギの世界は)勝った数よりも負けなかった数

朝から晩まで時刻表と格闘した末にJRから近江鉄道への乗り継ぎ時差トリックを使った完全犯罪を考え付いたと喜んでいたら2週間前にJRがダイヤ改正を実施していた事実を知って号泣したことは誰にでもあるだろう。ハハハ、君たちって致命的な残念ちゃんだね。Yahoo!乗換案内アプリを使えばダイヤ改正もノープロブレムさ。そんな君たちとこの僕との決定的な違いをタダで教えてあげよう。君たちは20勝15敗を受け入れるタイプの人間だね。一方、この僕は5勝0敗を目指す人間だよ。20回も勝ったからと負けが15あっても平気な奴と、たった5回しか勝っていなくても負けが0を目指す奴とは全然違う。ただ、プロ野球では20勝15敗と5勝0敗の投手では年俸が1億円以上も違うだろうし、一般社会の中でも負けを恐れることはブタ野郎いや、タブーとされている。でもね、僕は勝った数よりも負けなかった数のほうが大事なんだ。勝ち星が多いと派手に頑張っているように見えるけどいっぱい負けているんだよね。それが後々になって尾を引くことになる。プロ野球選手の現役生活は長くてせいぜい15年間。短命の選手なら数年間。しかし、カタギの世界に定年はない。勝ち星の数より負けがひとつでも少ない人生をこの僕は目指す。ま、僕がカタギだったらの話だが。で、Yahoo!乗換案内アプリより確実で安全で安心なのはJRの窓口で買うことだよね。ってことで、岐阜駅まで歩いたった。さぁ、僕はどこへ行くのでしょう?「それは秘密です!」 by 桂小金治風。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする