勉強の理由:原価は0の最高の処方箋

どうして勉強するのか分かるかな?当然、いい高校やいい大学に入るためなんかじゃないよね。ん?良識ある社会人としての常識をちゃんと身に付けるためって?ハハハ、中途半端な早口言葉のような小難しいことを言うね。たしかにそれもあるかも知れないけど、もっと抜本的な部分があるんだよ。それはね、考えれば必ず答えは出るってことなんだ。ここで勘違いしちゃいけないのは、その答えが正しいか間違っているかなんてどーでもいいってことさ。何かしら突発的な問題が発生して目の前に大きな壁が立ちはだかったとするじゃん。そのとき小中学校時代に1ミリも勉強していなかった者はあたふたと戸惑い右往左往して途方に暮れるだけなんだ。ところが幼い頃から勉強の中で「考えれば必ず答えは出る」という黄金ルールを身に付けている者は、その困難を打開しようとまずはじっくり考えるんだよ。結果「自分では解決できないから○○さんにお願いする」というのも立派な答えさ。たったそれだけのために勉強するんだよ。決して東大に入るためじゃない。それはあくまで副産物に過ぎない。裏を返せば、生きて行く上で考えることはすっげぇ大切なことだと理解しており、すでに考える力が備わっている者は勉強などしなくてもいいんだよ。考える力は最高の処方箋で原価は0。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする