和食さと 岐阜城東通店との勇気ある一方的な和解

和食さと、この僕はその君を全面的に許す。「こんなふざけた店、二度と来るか!」と憤慨してから20余年。今となっては何が原因でそこまで怒ったのかまったく覚えていない。どれだけ不味くてもここまで激怒することはないため、おそらく店員の態度か接客応対だとは思う。まあいい。この際、時効または物忘れという美しい日本語をプレゼンツしよう。一昨日、ネットサ~フィンをしていたらたまたま知ったのだが、和食さとの全店舗が完全禁煙になっていやがった。店舗内の喫煙専用室まで撤去すると電子タバコも一切NGだとか。和食さとよ、やればできるじゃないか。やってもできない間抜けなジョイフル。で、君たちにひとつ聞きたいのだが、どこをどうたどればネットサ~フィンでこのような情報にたどり着くのだろうか。ハハハ、知らんがな。そこでだ、せっかくなので11時のオープンと同時に左足から入ってやった。掘りごたつの個室の利用時間は2時間までとのことだが、別に愛人との濃密な時間を過ごすわけじゃないんだから37分もあれば十分だろう。ランチの「鱧と夏野菜の天丼御膳」は偏差値52レベルだった。あと150円くらい努力すれば褒めてあげるのに。なんだかんだと言いながら、まずもって20余年ぶりにこの僕が訪れるまでに関係を修復することができて本当によかったよね。だって、この僕だよ。とは言え、ある日突然、怒りの原因を思い出してまた冷戦状態に突入することがあったら、今日のことはいい思い出として海馬に焼き付けておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする