「平成最後」シリーズ第1弾:そうめん

2019年4月30日(火)をもって平成は幕を閉じる。そしてその翌日、この僕は新たに3つ目の時代を迎えることとなる。おめでとう!僕。ま、それまでご無事に生きていればの話だが。その前に昨日のブログには「青息吐息のこの僕の遠い記憶が正しければ、おそらく3度目の浜松城だろう」と書いた僕だが2度目だった。やっぱ3つ目の時代を迎えることは難しいかもしれない。ガンバ!僕。ふと気付いたのだが、今年は免許の更新があり数年ぶりにゴールド免許に復活する。その記念すべきゴールド免許の次なる更新期限が平成35年と表記されることになるはずだ。100%それまでは、この僕の中では平成は生き続けているだろう。なんちて。そんな大胆なひとり言を最低最悪の滑舌でつぶやきながら一人きりそうめんをすすった。我が家には在庫もなければ、わざわざバローに買いに行ってまで食うことはないので今夏、最後のそうめんとなる。ゆえに平成最後のそうめんとなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする