2018年09月30日(日)一覧

Nの喜劇:何事もニュートラル(自然体)が一番つおい

さすがに4年目ともなるとユニクロのステテコにも穴が開いた。でも、まだパジャマとして使える。来春から孫たちを保育園に送迎するためペーパードライバーからペーペードライバーに進化するべくイオンの駐車場で頑張っている長女がいる。バローや西友の駐車場ではちと狭い。イオンの関係者&お客様各位、ご迷惑をお掛けしちょります。ちゃんと3000円以上のお買い物はさせております。「お前のようなオートマ限定人間は信号待ちのときもギアをDにしたままブレーキを踏んでいるけどマニュアルだったらNなんだ。15度以上もある傾斜のド真ん中で自然渋滞に巻き込まれ、半クラで坂道発進をせざるを得ない小心者の気持ちなど分かるはずもない。車の運転に限らず、何事もDにもRにもすぐにギアチェンジができる状態がベストだ。それをニュートラル(自然体)と言うんだよ。人生は真っ直ぐな道ばかりとは限らない。厄介なS字やクランクも多い。だったら、避ければいい。近道や弘道に無難な道なし。回り道をしたからこそ出会える風景がある。お前は可能な限り真っ白いセンターラインのある真っ直ぐな道だけを進めばいい」ってな人生訓を今度、お話ししてあげたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ふるさと納税」の正しい取り扱い方:佐賀県三養基郡上峰町編

佐賀県三養基郡上峰町のみなさん、元気ですかぁーッ!元気があれば福岡県福岡市博多区上峰町民にバージョンアップできる。んなこたあない。しかし、画数が多い地名だよね。大分県日田市豆田町と比較すると雲泥の差だぜ。そんなことより「ふるさと納税」を活用して佐賀県三養基郡上峰町の鰻をお取り寄せした僕がいる。申し込んだのは随分前だったので申し込んだことすら忘れていた弘道君。僕ってさ、性格が悪い割には可愛いところがあるよね。そこで「ふるさと納税」と言えば今、話題の大阪府泉佐野市だろう。三種の神器(肉・米・カニ)がないからと地元産にこだわることなく全国の特産品を取り扱って見事、全国1位となる寄付額を集めることに成功した。素晴らしいじゃないか。モノがないからチエを出す。僕はすっげぇ感動しているよ。ところが総務省からクレームが付いた。総務大臣は岐阜1区選出の彼女だ。岐阜1区に居住する僕としては何をすればよいかを考えている。ポクポクポク、チーン! by 一休さん風。もしも北海道のカニなどを取り扱っているのなら北海道の応援も兼ねて泉佐野市経由でお取り寄せするというのはどうだろう。今日の僕、何気に冴えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥービー・ブラザーズを聴きながら国道58号線を太陽と同じ目線で一緒に駆け抜けたいから

2018年に入ってから車を運転したのは17回くらいかな。基本的に面倒臭くて嫌いなんだよね。それに協調性が0だし、ときどき「ワープしたか?」と思うくらい途中の記憶がないし。とは言え、沖縄の海に浮かぶ太陽とトヨタのレンタカーで並走したいためだけに免許を更新している僕がいる。僕の視力の関係上、その太陽が朝陽だったらノープロブレムだけど夕陽だったらデンジャラスだお。ってことで「う~ん、できればメガネを新調したほうがいいですね。今回はOKです」と視力検査で言われたが、まったく同じことを5年前にも言われたし今回も5年前と同じメガネだった@気合いで現状維持を保っている杉山です。ハハハ、やるじゃないか僕。過去2回、免許の更新年に軽い違反を犯して10年ほどブルーに甘んじていたが、今回からゴールデンにバージョンアップした僕は無敵。長かったぜ。そこでだ、気になっていた有効期限の表記だが、なんと「平成35年」となっていた。やはり西暦ではまずいのだろうか。免許証に限らず、世界レベルに合わせてオール西暦表記のほうが何かと便利だと思うのは僕だけだろうか。ちなみに、古い免許証を大事に保管している奴は嫌いだ。

その後、1階の『tomoni cafe』で珈琲を飲みながらホットサンドを愉しんだ。しかし、この僕とは比べものにならないくらいアンティークなジジイたちの「認知症の検査って何をやるんじゃ?」とか「わしゃ先は短いから」などという大音量のBGMのせいで本気で胸がムカムカしてきた。この際、一思いにあっちの世界に逝ったらどうなんだ。まあまあ、これはあれでそれなりにいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スープカレーとアップルタルトが絶妙だったトヨタ産業技術記念館

この僕くらい見掛け倒しの中途半端な一流になるとトヨタに学ぶところは結構多い。僕、幼い頃からぱっと見だけは優秀でじっと見ると残念だった。シクシク。話を戻そう。原価は0の思い出づくりは得意だが、国宝級の文系ゆえにものづくりはからっきしさ。そこでだ、今一度、ものづくりの原点を見つめ直そうと朝っぱらから乱れたダイヤの名鉄電車に身を任せてトヨタ産業技術記念館を訪れた。

モーレツに素晴らしい施設なので清く正しい親子連れなら半日程度は余裕で楽しめるだろう。ただ、この僕くらい徹底的に磨き抜かれた筋金入りの文系になると綿織物を作り出す自動織機から自動車の製造に至るまでを15分で回った。正直、どこが面白くて何が楽しいのかさっぱり分からなかった。

午前10時40分に入館して2時間以上まんべんなく見学&勉強するつもりが『ブリックエイジ』の11時のオープンと同時にビールを飲んでいた。昆虫だったら別だけど人として最低かもしれない。

その上、チキンやポークを避けると無難な「きのことベーコンのスープカレー」をチョイスした僕。

心配しないでほしい。天海祐希はベルばらで甘いものは別腹よ。カレー風味に占領された五臓六腑を中和させるべく歩いて17秒の『ミュージアムカフェ』でアップルタルトを熱い珈琲で押し流した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lovelysugiyamaは三度笑う

サラリーマン時代の僕は「申し訳ありませんでした」と何度、頭を下げただろうか。75度くらい?それは頭を下げる角度やっちゅうの。その当時「かんにんしてください」と言えていたならどんなに楽だったろう。「野村社長はん、かんにんやかんにんやで」「ええがげん、かんにんしてください」「もうかんにんしとぉくれやす」。ハハハ、お詫びの気持ちがまったく感じられないどころか相手を小バカにしているとしか思えない。ヒヒヒ、恐るべし京都風関西弁。だから、そんなことはどーでもいいんです。アクアウォーク大垣わず。どうも前頭葉がボーっとすると思ったら鬼門の大垣だった。まあいい。このブログを改善すべく打ち合わせに臨んだ弘道君。君たちがね、なんとなく読んでいるこのブログにもゼニと手間暇が掛かっているんだよ。もう一度言おう、ゼニが掛かっているんだよ。そこでだ、資本主義社会の美しきルールに則ってそろそろ有料にしようと思うんだ。月額37万円を支払うか「lovelysugiyama」というパスワードを入れないとブラウザが開かないように設定したひ。え?そんなん無理だって?フフフ、素手では飛べんが鉄の塊が空を飛ぶ時代にできないことはない。はい、巻頭文はここまでです。打ち合わせを兼ねて揖斐郡のヒョードルいや、ボブチャンチン激似の石田弘樹っちとアクアウォーク内の『のの家』で「鯛めしローストビーフ膳」をまったり堪能した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見栄っ張りなビッグより地味に地道なロングがいい

おいおい、豚コレラの次はセアカゴケグモかよ。ったく、さらに厄介な異物が岐阜市内で発見されて辟易している真っ最中の杉山です。では、岐阜市長に仕事を与えよう。この僕の半径20キロ以内の平穏無事だけは岐阜市の条例として何があっても守ってほしい。だって、岐阜市の宝のこの僕だよ。ありがとうございます、もう十分です。今日は胃がムカムカして頭がイライラする。ハハハ、後者はエブリデー・ティー&ライス・シング、翻訳すると日常茶飯事だよ。そう、問題は前者だ。午前中にガーナスティックのアイスクリームとIKEAの板チョコブラックとバローで買った豆大福と饅頭を一気呵成に愛しただけなのに。ドアホ、それじゃ。あ、そうだったのか。という偏差値47レベルの体調ゆえに今夜は味噌煮込みうどんを腹式呼吸でゆっくりすすった僕だった。心配しないでほしい、トッピングはバローで買った蝋細工のようなエビ天だよ。郡上八幡のさんぷる工房のエビ天のほうがよりリアルに見えるのは僕だけだろうか。太いうどんを箸ですくい上げるとふと思った。夢も希望も完璧に否定しているこの僕だが、どうせ抱くなら質量ではなく時間にしたらどうなんだ。バカでかい夢を抱く凡人は腐るほどいるが、1分1秒でも長く続けるというまっとうな夢を抱く賢人は少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土井弘道の食レポシリーズ第1弾:古風人 領下@岐阜県岐阜市

「君と僕は以心伝心」と「きっと僕は息できん」は何気に似ている。溺れとるがや。おこんばんは、料理研究家の土井弘道どっせ。今回からしれっと始まった食レポシリーズやさかい下々の方、どうぞよろしゅうおたのもうします。そこで第1弾は中山道沿いにあらはる『古風人 領下』はんどすえ。

平日限定で1日30食の『こふうど御膳』(1890円)を目当てに訪れたらあーた今日は全国的に振替休日でおますがな。しょうがおへんから『旬彩会席』(2800円)にさせてもらいましたわ。

とは言うてもわてをなめたらデンジャラスどすえ。スマホでホットペッパーはんのクーポンを出してよう冷えたグラスビールをタダでよばれましたわ。つくづく京都風関西人をなめたらあきまへんえ。

わて、肝心の食レポを忘れておりましたわ。豚肉は豚肉どしたし旬のお造りは富士山麓ハイボールと相思相愛どしたさかいどすえ。ごぼうの葛餅はごぼうはんがしっかり仕事をしてなはった感じどす。

ここで言うのもなんどすが、前菜の盛合せで腹七分目どしたから焼き物や栗御飯はほぼ生ゴミ同然でどうしょうしゃん。ほんまに食べれへんようになった自分が情けのうてありをりはべりいまそかり。

はぁ、ずつない。翻訳しよう、全国的な日本語で言うところの「腹いっぱい」っちゅう意味やがな。さつまいものプリンはすっげぇ美味かった。そこでだ、君たちにはたった37万5820円ぽっちでこの僕に食レポを依頼することのできる権利を与えよう。コンセプトは「2褒めて8けなす」だお。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買わないという選択肢:資本主義社会におけるバカの大きな役割

あまりに快晴だとお近くのセブンイレブンまでスキップで行きたくなりませんか?僕はなりません。万が一、そのような症状が出た場合、お近くの藤掛第一病院で診てもらうことをおすすめしません。かく言う僕はセブンイレブンを訪れた。マジ?ハハハ、そんなもんスキップしなけりゃいいんだよ。そして、何も買わずに帰って来たった。マジ?ハハハ、我が家のパナソニックの冷凍庫には腐るほどアイスクリームが収められているのさ。きっと腐らんけど。小幡玻矢子さんを覚えているだろうか。断捨離という言葉すらなかった約30年前によくマスコミで取り上げられていた節約家の主婦だよ。何十年もお湯を変えない「マコモ風呂」で一躍時の人となった。しかし、彼女はモーレツに品のある美しいシニアの女性だった。間違いなくケチなどではなかった。使う必要のないお金を着実に貯めて定期的に海外旅行をパーッと楽しむ。なんてマーベラスな使い道なのだろうか。その当時の彼女曰く「買わない工夫が大切なのよ」と。つまり、モノを買うのではなくコトを楽しむために使う。それが「生きたお金」の在り方だろう。とは言え、モノを買わない清く正しい者ばかりだと資本主義社会は成り立たない。だから、バカが買う。自己満足の権化とも言えるコレクターがバカにしか見えない。ま、それも賛否両論だと思いますよ。誤解しないでほしい。決してけなしているわけではないんだ。だからと言って褒めているわけでもないけど。冷凍庫の中からひとつだけ在庫を減らした僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)のススメ

ほら、ご覧。午前7時35分48秒のスクリーンショットだよ。スクショなどと省略したら物理的にぶっ飛ばすぴょん。日経新聞の購読をやめてから随分と日が経つが、テレビも一週間に5時間くらいドラマを見るだけとなった。ニュースはほぼ0。で、情報&ネタ元となるのがスクショのYahoo!だ。ハハハ、僕は省略してもOKなんだよ。だって、この僕だよ。安倍ちゃんが石破っちに勝ったことも樹木希林の死も中央に位置するYahoo!ニュースで知った。弘道が脇道に逸れるが上部のタブをご覧。米子市の天気予報があるよね。うん、そうだよ。若桜→米子→松江を計画している真っ最中なんだ。そして、右下をご覧。Tポイントが180ポイントあるよね。面白いくらいちっとも貯まらんがね。おいおい、たったこれ1枚の画像でこの僕の趣味嗜好&行動パターンが間抜けいや、筒抜けだよね。本当に必要な情報だったら向こうのほうからやって来る。いいかげん、君たちも知らなくてもいい&知らないほうがいい情報で一喜一憂するのはやめにしたらどうなんだ。ストレスの原因はお値打ちな人間関係とおバカっぽいムダな情報だよ。一番下の日村の淫行報道なんてどーでもいい話だろ。ま、興味があるなら別だけど。安い世間が今日から3連休という衝撃の事実もこのスクショで知った僕。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルメ焼きに見る改ざんされた少年の日の思い出

デブが食ってもカルメ焼きとはこれいかに。おぉ!カルメ焼きじゃないか。すっげぇ懐かしいよね。昨日、イオンのお菓子売り場には目を引く朱色のパッケージにJAのちょきんぎょっぽいイラストをこれ見よがしに施した「昭和ロマン」コーナーがあった。おいおい、ココアシガレットにきなこ棒、チューブに入った砂糖菓子を下の歯で削るようにすすりまくるフルーツマンボまであるじゃないか。その瞬間、セピア色の昭和がパカランパカランと走馬灯の如くよみがえってきた。いい時代だった。聖徳太子の一万円札を5枚もらっても二度と戻りたいとは思わないけど。そして今朝、あいつ珈琲、ん?あいつ珈琲?いやいや、熱い珈琲のお供として食ったった僕だった。ほう、こんな味だったか?そのときふと我に返った僕。幼い頃の僕ってカルメ焼きを食ったことがあったっけ?縁日の屋台ではムダに濃厚なリンゴ飴とあればっかだった。この「あれ」とはサツマイモのようないびつな形をした硬いミルクキャンディーの表面を極薄のチョコレートでコーティングしたお菓子のことだよ。思うに当時の僕が『じゃりン子チエ』を見て「カルメ焼きって美味しいね。僕の大好物なんだよ」と大胆な勘違いをしたのだろう。そうだ、そうに決まっている。では、そろそろ今日の〆に入ろう。すべてはいいかげんの上に成り立っている。記憶はもとより懐かしい思い出までも実にいいかげんなものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加