7億円が当たったらどうする?

9月2日は「宝くじの日」。以上、珈琲屋らんぷ北一色店から杉山がお届けしました。そこで今日は「宝くじの日」に言ってはいけないあの言葉だよ。例えば、近親者に「万が一、7億円が当たったらどうする?」と聞いたとしよう。すると、ニヤニヤしながら今後一生、達成することのない夢を語り始めるだろう。「家を建てる」「車を替える」。ハハハ、7億円だよ!?家や車が思い浮かぶ時点で間違いなく小市民だ。そんなものは住宅ローンと冬のボーナスで買いやがれ。このように言われると7億円でしか買えないものってなかなか思い浮かばないよね。そんなもんなんだよ。「10年かけて豪華客船で世界一周旅行を満喫する」「3億円で何もしない時間を買いたい」などと言われた日にはお手上げだが、そんなセレブ発想ができる奴はそうはいない。もっと言えば、家や車の小市民以下が有象無象に多いのではなかろうか。例えば「洗濯機をドラム式にする」「エアコンは霧ヶ峰がいい」「やっぱダイソンよね」って感じ?これを日本語に翻訳すると「今の洗濯機は使い勝手が最悪だし、20年以上も経ったエアコンはカビ臭くて効きが悪し、この掃除機マジ信じられな~い」って感じ?結局のところ現状の不満をさらけ出す機会を与え、愚痴を浴びせられてジ・エンド。怒りの導火線に火を点けるだけなのでわざわざ要らんことは言わないほうが賢明だろう。そんなことよりワッフルを食べるつもりがモーニングサービスのシナモントーストで大いに満足した。350円も安くついた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    先月、ジャンボ宝くじが当たりましたので、月末にスタッフを連れてランチを楽しんできました。無論、「ランチ」という言葉でお分かりいただける賞金額です。でも、これが過去最高額なんだなぁ・・・
    今度はディナーや一泊旅行を楽しめる賞金額を狙います。
    でも、使い切れない賞金額になったときは、杉山ファミリーに招待状をお送りします。

    • 砂漠王 より:

      最初の一文でびっくりしましたがね。矢島さんなら1億円が当たってもフツーに言ってくれそうなので(爆)。僕は嫁さんにも言いません。そーいうことだけはハマグリのひろちゃんです。まぁ、1000万円くらい当たったら下呂の水鳳園を2週間くらい貸し切って事業計画策定会という看板を掲げて単なるどんちゃん騒ぎをしましょう。