自己責任以外の責任があったら見てみたい

プロ野球では日本シリーズが現在進行形だが、広島とソフトバンクの両チームには悔いの残らぬよう徹底的に頑張ってもらいたい。僕、全然興味ないけど。どれくらい興味がないかというと「円周率の597桁目の数字は何?」と同じくらいだよ。しかし、携帯電話会社は嫌々ながらもソフトバンクを利用している僕は、公平を期すために今宵は味噌煮込みうどんの中に広島産カキフライを忍ばせた。さぁ、思う存分、戦いたまえ。あっち系の拘束から解放されて命からがら帰国してきた人間に対して自己責任論をネット上で唱える連中が多いらしい。どーなんでしょうかねー。人間本来、自己責任が前提なのは当たり前。しかし、それが取れない状況下に置かれちまったならやむを得ないだろうし、容易に取れるのだったら誰も苦労はしない。「勝手に行ったんだから自己責任だろ」と顔も出さずにネット上で吐き捨てる奴は、いざとなったら自己責任が取れない愚か者だと思うがいかがなものか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    この話、勉強不足の経営者が「自分の不注意でケガをしたんだから会社が掛けている労災使うのはおかしい」というのと似ているような気がします。故意でない限り業務遂行中に発生した業務に起因する労働者の傷病は、経営者に責任があります。本人の不注意を問題にするのは別の話です。
    きっかけや原因がどうであれ、日本国は日本国民を守らなければならないと思います。無論、日本の社会的なルールを守らない部分があったのなら、それはそれで日本に連れ帰ってから裁けばよろしい。しかし、自国の治安の及ばないところで、自国民の命に危険が迫る状況ならば、国は助けなければならないのです。

  2. 砂漠王 より:

    矢島さんのおっしゃるとおりですね。僕が担任の先生だったら矢島さんにオール5をあげたいところです。ネット社会というのは、言ってみれば遠隔操作し放題社会なので、無責任な言動がはびこりまくります。無責任を油絵に描いたような僕が言うのも何ですが(爆)。最低限、同じ国民同士は助け合いたいもんですよねぇ。

  3. 飯田ヨシ子 より:

    帰国した彼に対して、名前も出さずにネットで自分勝手な意見をまき散らす輩の行為は、彼にとって捕まっていた間の苦痛、恐怖、拷問よりもつらいものではないかと思うと、思わず勝手なことを言わせているテレビのチャンネルを変えてしまう。
    でも彼の経験した情報は聞きたい・・・。
    年をとると、肉体同様、精神も弱るからひどい状況を見るのも聞くのも耐えられなくて、現実から目を背けることも多くなってしまった自分を反省しつつ。

    • 砂漠王 より:

      ヨッシー、すこぶる快晴で気分爽快♪ずっと引きこもりでチマチマした作業ばっかだけど坂本(泣)。まぁ、何を言っても言う奴は言うからねぇ。そーいう輩とはできるだけ付き合わないようにしている僕がいる。笑っちゃうくらい好き嫌いが凄まじいからね、僕。この年になるとわざわざ嫌いな奴と付き合わなくてもいいし。というか、ほとんど友達いないけど(爆)。でも、そのほうがせいせいして快適よ。