カーの行方:個人的には『めぐり逢い』のデボラ・カーがお好き

このところ自転車のクリーム号ばっか構っているせいかドリーム号がひがんでいるようだ。ハハハ、人の気持ちが理解できない僕でも車の気持ちは分かるんだよ。「寒くて凍えちゃうじゃん」と言って拒んだ昨年の冬。「暑くて死んじゃうじゃん」と言って逃げた今年の夏。さすがにもう限界だよね。そう、洗車だよ。パールホワイティのナイスなバディが小汚いグレイにグレードダウンしかけている昨今、君たちはちゃんと洗車をしてやがるでしょうか。この僕がオギャーと生まれた1960年代の高度経済成長期には、3C(カラーテレビ・クーラー・カー)が三種の神器と言われていた。カラーテレビが、クーラーが、ローレルが初めて旧杉山家にやって来た日のことを今でも鮮明に覚えている新杉山家の杉山です。それだけ神聖なものだったんだよ。しかし、今では神器から誰もが持っている日用品となり、固定電話・新聞紙・テレビに至っては一切必要としない若者たちも多いとか。そしてこの先、カーはどうなるのだろう。個人的には所有欲が0ゆえにカーシェアリングで十分というか、むしろそっちのほうが気が楽なんだけど。その答えを求めるべく、近いうちに愛知県長久手市にあるトヨタ博物館へ行こう。業務連絡:今日の晩ご飯は昨日のビーフシチューを使ったオムライスだお。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする