『The Paris Match』は聴こえない

昭和の大スターの嵐寛寿郎はアラカン。今のよりもずっと面白かった久米宏のぴったしカン・カン。スマホ&マウス片手の君たちはトンチンカン。僕の青春を共に生きたスタイル・カウンシルは略してスタカン。ほぼほぼ30年前、浜松市内の独身寮で毎晩のように枕を濡らしていたホームシッカーの僕はスタカンの名盤『Cafe Blue』に本当に救われたものだよ。強い細菌いや、つい最近のことだが、撤退した支留比亜珈琲を居抜きで利用した『Blue Coffee』がオープンした。快晴の下、クリーム号で向かった僕は当然のように『Cafe Blue』の最初の曲『My Ever Changing Moods』を最悪の滑舌で口ずさんでいた。そう、この曲のMVはスタカンの2人がサイクリングを楽しみながら歌っている。ただね、英検3級ゆえに「えばぁーちぇんじんむーぅ、いぇ~」しか口ずさめない残念な僕もいる。

あろうことかミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕が付属のミルキーをこぼしちまったぜ。分煙とは言え、タバコの煙の粒子は確実に浮遊していた。ほぼほぼ二度と訪れることはないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むしか より:

    BLUE BOTTLE COFFEE!?と間違えちゃって、びっくりしてコーヒーをこぼしそうになっちゃっただよ。

    • 砂漠王 より:

      略してBBC。覆水盆に返らず。略してFBK。むしちゃん、おはよ!日程が決まってないけど西尾に行く用事があるんで、都合がつけばスタバのしゃべり場に出ようと思うんだけど。

      • むしか より:

        おー!そうなの?なのなの?しゃべり場のことをご記憶いただけて幸せです。ですが、現状では参加されても多分幸せになれないので、予定は未定でなくなったらお知らせください。でもこのごろは週5~6日は名古屋なんだよね~。