デジタリアンよりアナログッキーのほうが最後はつおい?

PayPayなるスマホ決済が新たに登場して人気と話題を集めているが、いい年こいたジジイがレジで「はい、ペイペイで」とはなかなか言えんだろ。インダス文明最大級の都市遺跡はモヘンジョダロ。ただでさえ「はい、Suicaで」と言っている今でもサ行は言いにくいからTOICAにチェンジしようか悩んでいる真っ最中やっちゅうのに。ますますデジタリーな時代になって行くが、そのうちスマホにお口の中を見せると「C3の虫歯を発見」とか診察しんかしゃん。そこで僕は思ったのだが、今年はデジタルとアナログの融合を図っていろいろと試してはみたものの残念だった。やっぱ思考回路にはアナログが一番だね。ランチの決済やToDoリストの管理にはデジタルツールは便利だが、考えるには無理がある。ってことで、来年からはスケジュール管理はもとよりメモ、日記、殴り書き思考などはすべて「ほぼ日手帳」一冊にほぼ集約することに決めた。ハハハ、2019年の弘道はすごいどー!この際だからついでに食生活も一気呵成にアナログにしようと思った僕は、アピタ岐阜店で焼き鳥やわさび菜のご飯などを買ってきたはいいがアナログの食生活の定義が今ひとつ分からない僕もいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする