「平成最後」シリーズ第2弾:年賀状

スーパーフライデーの権利を行使しようにも下呂駅周辺にはファミリーマートが下呂市役所前店しかないため昨日はファミチキを断念したすぎ☆ひろです。ったく、1円でもソフトバンクにダメージを与えたかったのに極めて残念だぜ。そんなこんなで今回をもってジャパンの悪しき慣習ワースト5に入るだろう年賀状を出すことをやめにする。そもそもしょっちゅう会ったりメールでやり取りをする相手ならば必要ないどころか逆に気持ち悪いし、年賀状だけの62円の付き合いならば縁を切ってもまったく問題ないじゃんね。今さら生存確認をする意味も分からない。おそらく届いた年賀状を見る時間は1枚につきせいぜい5~6秒がいいところだろう。そのために年末の磯が死んだ時期に貴重な時間を費やすことはバカバカしい。君たちもそうは思わないかい?ジャパンの古き良き習慣や慣習や風習は受け継いでいくこの僕だが、悪しき慣習はゴメン被りたい。さぁ、頭が固くて体も硬い融通の利かない団塊の世代の老人に告ぐ「常識はないのか!」と激昂すると血圧が上がって逝っちゃうよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    『なるほど・・・私もそうしよう』
    って思っても断行するだけの勇気を持ち合わせていない凡人なので、
    今年も来週から多忙な時間をやりくりして31日までに完了するのでしょうね。
    杉山さんには日頃お世話になってばかりなので、渾身の一枚をお届けしたいと
    今の段階では思っています。

    • 砂漠王 より:

      おっと矢島さん、嫌がらせの一枚ですか(爆)。仕事関係は出したほうがいいと思います。それは年賀状ではなくたった62円のセールスDMになりますので確実に安いものです(爆爆)。プライベートでは出す必要ないだろと思ってエクセルの名簿を見たら、友達などほとんどいませんでした(爆爆爆)。