小学校の道徳の教科書ようなトンチンカンなアドバイスなら1ミリも要らない

決して歓迎はしないもののファミリーマートを「ファミマ」と略すことに一定の理解を示す僕だが、同レベルを「同レべ」と言う者たちの頭の中を開いて前頭葉の形を見てみたい。最後の1文字だよ。「ル」くらい使ってあげなよ。だったら、ドンマイを「ドンマ」と言うのかい?はい、小さなことが気になる杉山です。それがいいか悪いかは別にして、と言うか、確実に悪いことだがこの際、それはスルーしてほしい。飲食店を営むK君が「賞味期限切れの食材を使って美味しい料理を作りたい」と涙目で相談を持ち掛けてきたとしよう。さぁ、君たちならどう答える?「え!そ、そんなことしたら絶対にダメですよ!」だよね。ハハハ、君たちは小学校の道徳の教科書かよ。ったく、そんなことはこの春、藍川中学校に入学する現役の小学生でも知っている。それを踏まえてどうするか?じゃん。「さすがに生ではデンジャラスですが消費期限は切れていないので強火を使わない料理で・・・」という感じで同じ方向ベクトルで考えてあげるんだよ。それが「ねぇ、賞味期限切れの食材を使ってもOK?」という相談であれば「ダメ」と返してあげればいいんだよ。昨今、こんな常識的なことすらまったく分かっちゃいない正義の味方気取りの勘違い野郎が多いことにはさすがの僕もお手上げさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする