(S)京都宇治平等院表参道店と平等院と(S)近江八幡店@京都府宇治市&滋賀県近江八幡市

京都と言えばスタバ。だが、ここは生粋の京都人からすれば何気にビミョーな立ち位置だろう宇治。宇治と言えば抹茶。しかし、どこのどいつも知らないだろう全国生産量の約30%を占める日本一の産地は愛知の西尾。西尾よ、もっとPR活動にお金を掛けたらどうなんだ。そして宇治よ、あなたの存在意義は何なのさ。だから、そんなことはどーでもいいんです。案の定、青春18きっぷを片手に西へと向かった僕がいた。その約3時間後、スタバ@京都宇治平等院表参道店の時空は優美だった。

見てご覧よ。ステキなロケーションだね。これを岐阜弁に翻訳すると「見てみぃ。ええ景色やん」。つくづく汚い方言でイチイチ嫌気が差してくるよね。実にまったり&ゆったりした時間を満喫した。

国宝であり世界遺産でもある平等院を訪れた。十円玉でお馴染みの鳳凰堂の前には真夏の夜の電灯に群がる昆虫のような人だかりだった。この僕の主たる目的はスタバゆえに写真だけ撮って終わった。

物理的に抹茶色の表参道を早歩きで抜けると列車に乗って米原方面へと向かった。その約1時間後、そのとき僕はスタバ@近江八幡店で「ダークモカチップフラペチーノ」をすすっていた。世界遺産をスタバとスタバで挟む。それにキャッシュは600円しか使っていない。誠に有意義な一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    宇治平等院は2年前に初めて訪れました。
    東大寺や東本願寺の本堂、知恩院のような大きな建物をイメージしていましたので、
    本物が視界に入ってきたときは、そのコンパクトさに素直に驚きました。
    もちろん、我が家よりは、はるかに大きいのですがね。
    旅と執筆の日々・・・うらやましいです。

    • 砂漠王 より:

      たしかにこじんまりしていますが、むしろそれによりその佇まいにわびさびを感じますね。なんちて。
      鳳凰館ミュージアムの数々の国宝にはうなりました。いいですねぇ、本物は。
      旅と執筆で1円にでもなればいいのですが、ただただ時間とお金の浪費に終わってしまいます。