君と僕との大いなる価値観の相違について大いに語ろう

「Y君とはちょこ10年は会っていない」の「ちょこ」は方言なのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。ほら、ご覧。昨日の残り物のナンの上にキーマカレーを敷くと新鮮なレタスと濃厚なチーズと湖池屋先輩のドンタコスをトッピングしてオーブンで焼いたナンタコスだよ。そう、これが今日の僕のメインディッシュさ。これだけで今日一日がハッピーだった。いいかい、マジで。つくづく思う僕だけど、一日に十数億円を動かすモーレツに活躍するビジネスマンがいるとしよう。多くの場合、憧れるよね。でもね、僕は「大変だろうなぁ」としか思えないんだよね。数億円もする豪邸を建てた友人がいるとしよう。僕は「ローンの返済は大丈夫かなぁ」としか思えないんだよね。うん、ほぼビョーキだろう。ちったあ「カッコいい」とか「うらやましい」とか思えればまだ救いはあるが「彼らは大変なんだ」としか思えないんだよ。うん、ほぼビョーキだろう。でも、これが僕の価値観ナンタコスいや、なんだよ。一昨日、神田町の馬喰一代の前で偶然に会ったN社長は、上記の最初に登場するY君の現在の大活躍っぷりを横目に「彼は平気で社員の首を切る」などと悪口ばかり吐いていたが、Y君にまったく仕事がなかった20年前、夕日を眺めながらビールを飲んで「はぁ、どうしよっかなぁ・・・俺」とため息をついていたY君の今日の大活躍っぷりを自分のことのように喜ぼうじゃないか。一方、僕はまったく頑張らなくてOKなんだよ。朝、目が覚めたら大成功で昼、満腹になって夜、布団に入れれば御の字なんだから。いいかい、マジで。今日も1円も使わなかった勝ち組の喜びをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。こんな価値観の自分が大好きなの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    同じくです
    業界の先輩に顧問先が千数百社というすごい方がいらっしゃいます。
    望んでも、頑張っても、そんな成果を私が獲得することは不可能なのです。
    が、今の私は、顧問先数については私の能力の及ぶ範囲にしたい気持ちです。
    というか、今でも能力の及ぶ範囲を超えている気がします。
    多くの顧問先に恵まれるという選択肢よりも、
    自分と気の合う顧問先だけとお付き合いするという選択肢を躊躇なく選びます。

    • 砂漠王 より:

      矢島さま、今まさに電車の移動中でございます。
      真っ昼間に飲んだビールが効きすぎて眠くてたまりません。
      事前に飲んだ鼻炎薬ストナリニとの化学反応だと思います。
      5ミリまでならOKですが、それ以上の価値観が相違があると支障を来しますもんね。
      今、すっごい睡魔が襲ってきました・・・