前代未聞の大型連休の10分の1日目の過ごし方:草を刈る

くさかりぃ~まさおです。はい、茶柱や腹が立つほど似ていない。ってことで、想定外に大衆からも喜ばれていない前代未聞の大型連休の過ごし方を考えた僕がいた。祝日ではない水曜日の真っ昼間にフツーに出掛けることができるこの僕がわざわざ雑誌を買うときに上から3冊目を抜き取る小市民であふれる国策の大型連休に出掛けることもなかろう。ハハハ、僕は上から2冊目だから中市民だお。そもそも人ごみが木曜日の生ゴミよりも苦手なんだ。「草を刈る」「イオンに行く」「タカシマヤの物産展に行く」などなど思いつく限りのイベントをA4の紙にザッと書き出した。そこでだ、初日の今日は「草を刈る」をナニワ原人の言うアイスコーヒー、つまりレイコ―いや、励行した僕だった。その前にいい感じに腐りかけの棒かしを切った。可哀想にご主人様の稼ぎが悪いせいで満足に栄養が行き届かなかったのだろう。ゴメンね、モック。そうだよ『樫の木モック』から拝借した名前だよ。空は青く風はセピアで遠き山々は深緑。今日の晩ご飯はアサリご飯。きっと明日もいい一日だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする