空前絶後の大型連休の10分の2日目の過ごし方:岐阜駅界隈を歩く

ただでさえ狭いっちゅうのに年齢を重ねるごとにさらに肩幅が狭く退化しまくりショルダーバッグは当然のことバックパックまで左肩から外れることはありませんか。僕は日常茶飯事です。午前9時、オープンと同時に岐阜駅構内にある『あんカフェ養老軒』で熱いお茶をすすりながら「あんみつ」を確実に満喫した。今朝は4時8分から起きているのでこれはほぼ3時のおやつのようなものだった。いつも思うのだが、ぜんざいなどの和の甘味を店で食べる際に塩昆布も付いてくるのはなぜだろう。ほら、ご覧。白い小皿に入っているのは『オバケのQ太郎』に登場するいつもラーメンを食べている小池さんの髪の毛ではないんだよ。それが塩昆布さ。ちなみに、この僕が12年と4か月前に見事に描き切った【カモ~ン!Mr.小池】だよ。だから、そんなことはどーでもいいんです。そんなこんなで今日も「塩昆布はお口直しにどうぞ」という立て札まであった。せっかくお口の中が圧倒的な糖分でパラダイスなのにわざわざ塩分で中和させるその意味が分からない。その後、ヴィ・ド・フランスでパンを買ったり駅前の清水緑地で鳩と会話をしたりして強引に時間を潰した。今日の晩ご飯は昨晩の残り物のアサリご飯のチャーハンだ。今日もいい一日だった。きっと明日もいい一日にしてみせる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする