三重県は菰野町からの使者とほぼ死者に近い2人の岐阜県人たちの姑息な談合

君たちは三重県三重郡にある「菰野町」を読めるだろうか。「きつねのまち?」。ハハハ、君たちの気持ちはよく分かるしお粗末な学力は理解した。これは「こものちょう」と読むんだよ。間違いなく今後の人生で二度と使わないと思うゆえに覚える必要もなかろう。ちなみに、2つ目の就職先である製薬会社に勤めていた頃の僕は毎月、菰野町にある薬局を訪れていた。はい、これは杉山様検定試験準2級問題レベルだよ。ってことで、菰野町からの使者の山岡亮ちゃんといつもの志賀なるちゃんのおっさん3人だけで玉宮界隈と僕のすべてを牛耳る黒木さとちゃんに予約してもらった『吟べえ』であんなことこんなことを密談しながら飲んで食って笑った今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。僕たちは僕たちだけで令和の厳しい時代を乗り切るので君たちは君たちだけで非力なりにもせいぜい頑張ってくれたまえ。昨今の世では剛力は逆風だから非力の時代かもよ。そして僕はすっげぇ眠い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする