地球岬と母恋駅とシスコライスと(S)函館ベイサイド店@北海道室蘭市・函館市

2時46分に起きた僕は、朝っぱらからホテルの近くのセイコーマートで買ったパンを食べてムダに満腹になった。それから熱い湯で丁寧に髭を剃ると急に睡魔が襲ってきた。ジジイの体は面倒臭ぇ。

とにかく終着駅には物語があって確実にいい。JR室蘭駅前からバスに乗ると地球岬団地で降りた。210円だった。辺りを見渡した僕は「こんなところにも暮らしている人がござる」とつぶやいた。

事前に調べたところバス停から地球岬までは徒歩で15分程度と書かれていた。それくらいだったら余裕だろうと歩き始めたのはいいものの、ビミョーな勾配が地味に地道に弘道の老体に効いてきた。

周りには人っ子一人いやしないし孤独と疲労で胃液がいい感じに込み上げてきたその刹那に目の前に金屏風が現れた。ハハハ、疲れも吹っ飛ぶってもんだぜ。実際には1ミリも吹っ飛ばんかったけど。

数分後、やっと地球岬にたどり着いた。晴れでも雨でも曇りでも最高だろう。うれしいと言うよりもここまで来たという達成感のほうが大きかった。想像してご覧、来た道をまた引き返す僕の苦労を。

重力に任せたら思いのほかスムーズに坂道を下った。途中、2回くらい転んだけど。鉄男や鉄子にはお馴染みの母恋駅は趣があってまったりできた。この駅名でふと思い出したのだが、弘道君の実母はまだご存命なのだろうか。何もしちゃいないのに勘当されてから20年近くも音信不通の僕がいる。

特急スーパー北斗10号で函館駅へと向かった。指定席はほぼ満席で通路側しか空いていなかった。ま、それは仕方ないとして窓側に座っているなら1秒も眠らずに瞳孔が開くまで車窓を眺めろよな。ひどい奴になるとカーテンまで閉めてやがった。いい感じに文句を垂れていたらホテルに到着した。

お空もピーカンになったことだし八幡坂を訪れた僕は、本当はここを僕が見事に転がっている動画をYouTubeにアップしたかったのだが、いかんせん孤独の孤の字の一人旅ゆえに誰も撮ってくれない。仕方ないからそこのデブ、左側を歩くそこのデブだよ。サッサと転がれ!と念じたけど無理だった。

八幡坂を58秒くらい転がった辺りにある『カリフォルニア・ベイビー』の名物料理である「シスコライス」を食べた。山盛りのバターライスの上にグリルした2本のソーセージがONしており、その山頂からてんこ盛りのミートソースがかかった名物料理だよ。明日の胃痛を覚悟でスプーンを進めるこの僕の勇気を全力で褒めてほしい。完食はあきらめていたが、頑張れば何でもできるもんだよね。

死なんかったけど死ぬほど満腹になった。令和時代の第1号となる記念すべきスタバに選ばれたのは函館ベイサイド店だった。2階のテラスで「コールドブリューライム」及び「珈琲ゼリーケーキ」を満喫しようと思った僕だが、明らかに安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちのせいで僕の気分は名城大学にも合格できない偏差値47レベルだった。ウミドリに頭から食われちまえ!と合掌した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする