似非スタアバックスの(S)函館ベイサイド店に入り浸り三昧@北海道函館市

君たちのような笑っちゃうくらい稚拙な海馬でも記憶しているだろうか。一昨日、この僕がスタバで安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちに辟易したことを。そこでだ、岐阜なんかに1メートルも帰りたくないけど最終日を飾るためだけにスタバを楽しもう。店内を撮影していると女性スタッフが「是非これも撮ってください」と微笑んだ。全国20店舗にしかないレトロな看板だが、この店舗は対象外のようだ。アルバイトも募集しているようだが「僕もやったろかしゃん」とは思わなかった。

実にまったりゆったりほっこりした時間と空間を満喫できた。スタバはこれでなくちゃいけないね。ソイラテをすすりながら窓の向こうの函館山をのぞいていたらクキッとにぶい音がして腰を痛めた。

痛いけどまあいい。この4日間を振り返りながら裏街道を突き進むべく、どうしたら僕だけが確実に幸せになれるかを考えた。その結果、時価876万円くらいの利益につながるネタが書けそうだぜ。

函館空港に向かうバスの乗車時刻まであと1時間か。海を眺めながら僕はつぶやいた。岐阜なんかに帰りたくない。このまま記憶喪失のフリをしようか。海を眺めながら僕はつぶやいた。帰りますか。

最後に、ホテルのロビーでパソコンを操作したら僕のブログがちょっぴりズレていたのでブラウザは僕が大嫌いなIEではなくグーグルクロームをお使いください。はぁ゛、そろそろ岐阜に帰ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする