喉仏の2センチ上まで満腹なのだが飲んで食った記憶がないのは病気だろうか

しかし、世間が狭けりゃ肩幅も狭い。ナナフシのような体だぜ。「それ何?」「ググれ」。ハハハ、別に僕は好き好んで午後3時に岐阜駅構内にある『おらが蕎麦』で「かき揚げ丼定食」を食いながら生ボールを飲んでいたわけじゃないんだよ。ちなみに、このときは生ビールとハイボールのどっちを飲んでいたのかまったく記憶にございませんので足して2で割って生ボール。人事の市場調査だよ。スタッフが男ばっかの店や女ばっかの店、男女混合の店。それらの企業風土を調査すべく午後3時に身銭を切って飲んで食っていた僕がいた。調査結果だが、エチオピア3丁目7番地のような炎天下を歩いて店まで行ったせいか太陽光アレルギーの僕は鼻水は止まらないは意識は何気に飛んでいるはでそりゃもう大騒ぎさ。ってことで、この店のスタッフが男だったか、はたまた女だったかもまったく記憶にございません。最近、ふと気が付くと寝落ちているんだよね。きっと今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする