人類史上最強のパワーとは心がなくても鍛えられる精神力

毎年恒例の健康診断を4日後に控えた僕は、その対策に取り掛かった。4日もあれば十分だ。今日の晩ご飯を納豆&厚揚げにすると採血時にビビって血管が浮き出て来なくなったらこっ恥ずかしいので激しめの腕立て伏せも取り入れた。さらには過剰に背伸びをして身長も4ミリくらい伸ばしてやる。ハハハ、健康診断なんて怖くも何ともない。今の世の中では資金力でもなく戦闘力でもなく行動力、忍耐力、判断力、原子力、破壊力、竹内力、免疫力、応用力、記憶力、長州力などでもなく精神力が最も大切なんだ。最後は何があっても微動だにしない心が一番つおい。とブログには書いておこう。午前中にトシコちゃんの美容室でバシッと短くして寝落ちた僕がいた。今日もステキな一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢島友幸 より:

    今の健康は適量の内臓脂肪のおかげだと確信しているのですが、
    以前の健康診断で腹囲がどうのこうのと言われて、受けないことにしました。
    でも還暦も過ぎたことだし、・・・そろそろやらないとマズイかなぁ・・・

    • 砂漠王 より:

      矢島さん、エビフライを食べて超満腹です。1匹余分に食べすぎました。
      前回の健康診断では再検査でさらに再検査と言われたので、
      面倒臭いのでかかりつけの病院で診てもらうと言ってそのまま終わりました。
      こんなことをしていたら健康診断を受ける意味がないような気がしますが、
      毎年恒例の記念行事として受けています。

  2. むしか より:

    「小林秀雄も読みます」と言えば相手がひるむのでそのように言いふらしている私ですが、精神力について氏の言葉を思い出したので、ここに転載。
    「どんな強い精神力も境遇を必ずしも改変し得ないが、強い精神力が何かのかたちで利用出来ぬほど絶望的な境遇というものは存しない」
    ということで、こちらに来たヒデさんと会ってきました。