旅のヒント:思考を愉しむ編

はい、コロッと忘れていた1年ぶりの「旅のヒント」シリーズも第3弾となりました。ほら、ご覧。明日からぷらっと出掛ける僕の2日目の着替えと3日目の着替えだよ。僕のような旅名人ともなると腰痛と闘いながらバックパックひとつで巡るため紙切れ1枚でも唾液1グラムでも減らしたいんだ。だから、このように真空パック状態に圧縮して鞄に詰め込む僕がいる。ちなみに、一番上の白い布は使い古しのタオルで翌朝、これで顔を拭くんだよ。ホテルのゴワゴワのタオルだと物足りなんだよ。当然、このタオルは現地で捨てるし今回は2日目のTシャツも靴下も現地で捨てて背中と腰に負担を掛けることなく旅先を歩き回る。パンツは浴槽で洗えばいいから持って行かない。はい、それが私のルールです。そして今回、旅先で考えるテーマを「どうして人は悩むのだろうか?」に決定した僕。しかしながら西友で買った饅頭を食いながら考えていたら「人が悩む主たる原因は、自分ができると思っていることと実際にできることの僅かな差異」という答えが出てしまった。ありがとう!西友。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする