柳川の川下りと柳川藩主立花邸と雑炊も堪能した燻製もつ鍋@福岡県柳川市・福岡市

午前4時起床。前日は午前2時5分に起床した僕からすれば4時など真っ昼間同然だった。驚くほど立派な西鉄柳川駅に降り立つと水郷で有名な柳川の川下りに挑戦した僕たちだった。どうやら岐阜は大雨らしいが、こっちは腹が立つほど青空だった。今回もありがとう!てるてるてる子ちゃんEX。

そこらの浮かれている安い連中とは価値観と世界観が圧倒的に異なる僕の頭の中はすっかりてっきりアマゾン川だった。ここでピラルクーやアロワナがジャンプしたらと思うとワクドキが止まらない。

しかしながらいくら風情があるとは言え、1時間以上も舟に揺られているとケツが痛ひ。ただでさえケツっぺたに肉がない僕ゆえに振動が直に骨に伝わる今日この頃、軽く揉みながら遊覧を満喫した。

その後、やっとケツを解放した僕たちは今回の主たる目的のひとつである柳川藩主立花邸を訪れた。が、固定資産税の額ばかり気になる僕たちは、つくづく小っちぇ人間であることを思い知らされた。

それは庭園である松濤園も以下同文だ。坪いくらだよ?松1本いくらだよ?という会話に終始した。

昨日のホテルがあまりにしょぼかったので今日のホテルは帝国ホテルのように感じられた。案の定、帝国ホテルに泊まったことないけど。ツインだけど当然、シングルユースだからイチイチ念のため。

ホテルのイケメンスタッフがおすすめの『あんざ天神今泉店』で「燻製もつ鍋」などを堪能している真っ最中の鏡に映ったジジイたち。ほら、ご覧。お疲れ気味の世界のアツローの意識は飛んでいる。

売れ筋の「燻製もつ鍋」は絶品だったが、スタバがそこら中にある好立地だというのに珈琲が下剤とほぼ同じ世界のアツローのせいで1店も訪れることができなかった。2日目は11522歩だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする