2歳にして平成と令和の2つの時代を生きる女

何でも素直に話し合える温かい家族が理想だと思いませんか?でもね、何でも素直に話し合わなきゃ乗り越えられない状況に陥った時点でもう手遅れでそうなる前に日々の行動で事前に察知しろよな。はい、他人様の家族については理路整然と分析できるものの我が身に関しては無口になる杉山です。今日は莉子ちゃんの2歳の誕生日だった。せっかくカールスモーキー杉山に変身してソーセージでも燻そうと思いきや、あろうことか全員の反対によりホットプレートで焼くことになった。はぁ、僕の54年間の人生はいったい何だったのだろうか。ジッと手を見る、右手は百握り。はい、自暴自棄のフリを楽しむ巻頭文はここまでです。ってことで、肉やらイカやらホタテやらを焼いて食って最後は焼きそばで〆た。満腹になったので2人の孫たちと1時間ほどキャッキャとはしゃぎ回るとジジイは見るも無残な姿に朽ち果てた。そして、9人なのに10等分にカットしたケーキを素直に味わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする