頑張る尺度:他人はもっと頑張っている

多種のナッツとドライフルーツがてんこ盛りのパウンドケーキが学年平均は47点と過去最低なのに今回の期末テストに限って学年3位の85点を取った数学の答案用紙より好きな杉山です。ハハハ、やればできるじゃないか杉山君。もっと頑張れよ。この物語はフィクションで登場人物以外はすべてウソっぱちです。はい、妄想するだけなら原価は0でどこのどいつにも迷惑はかけていない。今日は正しい頑張り方についてタダで講義してあげよう。あの「まいう~」の石ちゃんが焼肉を食いながら「ねぇ、このカルビって誰を基準にした1人前?」と名言を吐いたことは君たちでもご存じだろう。さらに「田園調布に家が建つ」でお馴染みの星セント・ルイスの漫才では178センチの星セントが153センチの星ルイスに向かって「お前の一歩は俺の半歩」と放ったギャグも周知の名言だろう。そうなんだよ。頑張る尺度は絶えず相対的な評価なんだよ。前回の中間テストの数学が47点だった君が、今回の期末テストで58点を取っても生ゴミ同然だ。義務教育ではその人自身が頑張った分の絶対評価をよしとするが、一歩でも世の中に出たら相対評価しかあり得ない。その頑張りは同級生のみんなと比べて上か下か。その頑張りは同僚たちと比べて上か下か。自分の中の伸長率など1ミリも関係ないし評価されない。午後1時、ゆで卵などを燻してご満悦の頑張ることが大嫌いな杉山です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むしか より:

    がんばってる、とする基準が低いなぁと思うことは多いね〜。
    邪悪モカチップフラペチーノをやめて、アフォガートなう。

    • 砂漠王 より:

      虫ちゃん、東京の数店舗でのみ販売しているスタバの江戸切子のグラス(35000円)が欲しいがために一生懸命に頑張って東京へ行くと言ったら家族は誰も口をきいてくれない。僕の頑張りを誰も認めようとはしてくれない。