「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる

昨日の吉本興業の反吐が出る歴史的な失敗会見を見た感想は「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる。とかくこの世はそうしたものなのだろう。麺類がほぼ確実に僕の五臓六腑とミスマッチする今日この頃、昨夜に食べた冷やし中華のせいで朝っぱらから歴史的な腹痛が止まらない。ただ、このままジッとしているわけにもいかない僕がいる。このペースで行くと年内には55キロを切っちまう。そうなるとオスとしてだけでなくヒトとしても使いものにならないそんな気がする僕もいる。ってことで午後2時、炎のチャレンジャーと化した僕はココス北一色店で日替りランチの「鶏の唐揚げ鬼おろしポン酢&ブロッコリーとベーコンのトマトソース」」を胃腸の調子をうかがいながら生まれたばかりのカタツムリのように食べた。その感想は「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる。ハハハ、針で刺したようにお腹が痛ひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする