(S)福井花堂店とマシェリのしょうゆカツ丼と山頂にそびえる越前大野城@福井県福井市・大野市

筋金入りのスターバッカーのこの僕でも気温33℃の炎天下ではちとつらかったが、越前花堂駅での乗り換え時間が1時間12分もあったので往復20分の距離を歩いてスタバ@福井花堂店を訪れた。さすがに今日はソイラテのアイスをオーダーすれば、チェイサーのような小っちぇアイスコーヒーもお試しでもらった。ってことで、この夏、2回目となる青春18きっぷの権利を行使した僕だった。

気温34℃。計画どおり九頭竜線の愛称で知られる越美北線に乗ると越前大野駅で降りた僕が周囲をふと見渡せば、夏休みで暇を持て余しているピチピチの学生たちであふれ返っているかと思いきや、猛暑でもムダに元気なスッカスカのジジイとパッサパサのババアがチラホラいるだけだった。それはそれで仕方ない。とりあえず『マシェリ』でヒレ肉バージョンの「しょうゆカツ丼」をかき込んだ。

ほら、ご覧。嫌でも目に入っちまう越前大野城だよ。見た目に美しいのはステキなことだが、山頂にたどり着くためには大量の汗を噴き出しながら弘道が山道を20分ほど歩くことが必須条件だった。

忘れもしない2012年5月20日に世界のアツローとこの城を攻めた際には、アツローが黒い服を着ていたのでアブやハチが寄ってきて登城を断念した。アツロー、あなたってブラッキーは・・・。そのためすべてにおいて学習する僕は、Tシャツも白&パンツも白という全身ホワイティで挑んだ。

死ぬほど暑い。そこら中から湧き出る原価は0の名水を浸した使い捨てタオルで体中を拭きまくって何とかかんとか助かった。無料休憩所があったので今、小学生に襲われたら15秒で打ちのめされる気の抜けた姿でボーっと過ごした僕の至福のひとときが死ぬまで続けばそれなりにハッピーだろう。

いかんせん列車の本数がモーレツに少ない。敦賀駅での乗り継ぎ時間が51分もあったので駅界隈を静かに歩いた。いつもは乗り継ぎにしか利用していなかった敦賀駅だけどなかなかよさそうですな。特に駅前の喫茶店が気になったので近日中に長浜とセットで訪れてみよう。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする