「タダでもらった物」は3日以内に全部捨てよう

はい、今回は聖域をなくそうシリーズ第1弾で最終回だよ。とにかく手当たり次第に捨てまくる僕は自分の身の周りだけ異様にキレイ好き。これがB型の性(さが)なのよね。そんな僕がいつもどおりいいことを教えてあげよう。所有欲があるから物を捨てられないと思われがちだが、本当のところはそれ以前に執着心があるからなんだよ。執着する安い心が「もったいない」を助長している。ほら、僕って心自体が存在しないから執着心も存在しない。そこでだ、とりあえず「タダでもらった物」を全部捨てよう。え!そんなこと・・・。でもね、贈った相手はあなたに何を贈ったかうんぬん以前にあなたに贈った事実、ひょっとしたらあなたの存在すら覚えちゃいないかも知れないよ。それにね、よく「思いが込められているから」と言う安い人間がいるけど怨念が入ったネクタイを締めていると背後から首を絞められるような恐怖を覚えませんか?すると「新品だから大須のコメ兵に売ろう」と言い出す者もいるけどそれはNG。「そのうち売りに行くから」と言っているうちに目の前のゴミはどんどん溜まるだけ。ってな話をしてもご覧のとおり大雑把な女系家族は1ミリも聞いちゃいない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ほぼ、さとちゃん より:

    使わないタオルを何枚も寄こすよりビール券を1枚でも送ってくれた方がなんぼか嬉しい。我が家のB型女子、とは言っても一人しかいないけど、は後生大事に新品のタオルをひたすらストックしているよ。その数と来たら使い捨てにしても生涯使い切ることはないだろうというくらいに夥しいったらありゃしない。未だに肩パットが入ったスーツがタンスの中に眠っているし。タンスの中身どころか本人もまとめて捨ててやりたひ。

    • 砂漠王 より:

      君の奥さんは田中美奈子かよ。ハハハ、あっちでもこっちでも杉山さんがご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございま船場太郎。アイラブ吟べえからアイラブまぐろうに変身準備中の杉山です。なんだ、僕に内緒で高山に行ったんだね。僕は来週、行く予定だから現地で宮川をミルキーウェイに仕立てて彦星様と織姫様のようにめぐり会いたかったよ。では、今日も何もすることがないので内勤作業に勤しむフリを楽しみましょう。