物理の最高点が14点の僕でも楽しめる妄想の食卓1

作用反作用の法則。それはニュートンが提唱した運動の第三法則であり、ある物体が他の物体に力を及ぼすとき、それと同じ大きさの力が逆向きにも働くという法則。例えて言うなら、僕の黄金の拳が君たちの汚い顔面を殴った場合、それと同じ大きさの力で君たちの汚い顔面は僕の輝ける黄金の拳を殴ったことになる。そのためこの件に関してはノープロブレムでノーサイドでチャラということだ。ハハハ、正しい法治国家では安土桃山時代でもそんなことはあり得ない。そりゃそうだ。君たちでもたまには作用反作用を実感したいと思いませんか?ってことで、昨日の晩ご飯は山菜ご飯だったが、今日の晩ご飯はその残り物で作った山菜チャーハンとしゃぶしゃぶ用の黒毛和牛とのマリアージュ。山菜と牛肉という相反する食べ物がいい感じで作用反作用っていると思いませんか?ポメラニアンの餌のようなワンワンプレートいや、ワンプレートを無事に平らげてご満悦。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 和食処『さと』 より:

    Windows10の更新が始まっちゃってPCが使えねぇ。仕方ないからiPhoneでチマチマと。み、見えねぇ…。やっと「煽りの宮崎」が捕まったね。この場合の反作用は因果応報とでも言うんだろうか?奴の顔よりガラケー女の顔が見てみたひ。さて、これから名古屋のワイキキ「サンビーチ日光川」ってくるね。夏休み最後のご奉公だ。

    • 砂漠王 より:

      ただ今、出先なんでiPhoneでチマチマ打ってるけど、み、見えねぇ・・・。黒いカタマリにしか見えねぇ・・・。ハハハ、さとちゃん、おっはよ!おいおい、あのガラケーの女って51歳なんだって。てっきりお金で釣った20歳くらいのおねぇちゃんだとばかり思っていた僕だった。なので、別に見たくない大和田(爆)。では、引き続きJRに揺られまくりばぶ。あんちゃんとあづちゃんによろしくね。