源兵衛川のせせらぎ散歩と三嶋大社と桜川といつものおらが蕎麦@静岡県三島市&岐阜県岐阜市

朝、枕が合わなくて首を寝違えちまったようだ。午前4時から起きているので午前7時は真っ昼間と同じだろう。駅前のヴィ・ド・フランスで買ったパンを2杯の珈琲で押し流すとチェックアウトして楽寿園へと向かった。あまりに朝っぱらで広い園内は僕の貸し切り状態で怖かった。その後、本気でボーっと歩いていたら源兵衛川と遭遇した。おぉ!テレビで見た風景だ。僕の記念に動画を撮った。

そこそこ歩いたので鰻か穴子でも食べようと思い立ったものの、朝っぱらからお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とりあえず食事はやめて回れるだけ回ろう。うん、それがいいよ!僕の中のスティーブンが言った。スティーブン、いつも勇気をありがとう!ジョニーによろしくね。ジョージと一緒に伊豆国の一之宮である三嶋大社を訪れた。いいですねぇ。やる気のないタラタラの僕でもちょっぴり凛としますね。そして、境内にある立派な宝物館も弘道君の貸し切り状態だった。ったく、500円の入館料が高いのかよ!まあいい。でも、薄暗いところに一人きりだと怖いんだ。

あ、またお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とにかく無事に帰宅することだけに全力を注ごう。うん、それがいいわ!僕の中のステファニーが言った。三島駅に向かう途中、水辺の文学碑がある水上通りが異様に気に入った。住みたいとは思わないけど桜川が過剰にキレイで非常に気に入った。フツーの中のスペシャルっぽいところがいい。この感性を君たちにも分けてあげたい。

ま、それは置いといて、岐阜方面に向かう列車に乗った僕がいた。その列車の中で左隣に座っていた2人の賢そうな大学生が選挙について熱っぽく語っていた。「大衆が選挙に行かなくなれば組織票を持っている政党が勝ち続ける。N国党の立花代表はなかなか賢い。NHKの必要性は理解できるけど公共ではなく国営にすればいい」というようなことをおっしゃっていた。約5時間の弘道の鉄道旅は終わり、何事もなく岐阜駅に着いた。安心したら急にお腹が空いたので駅構内の店で蕎麦を食べた。やっぱDNAには敵わない。遺伝子に組み込まれた何かが、僕が関東方面へ脱出するのを阻害する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとちん より:

    足踏み外せばもっと動画が楽しくみられたのに。しかし、そんないぢわるな自分が見ても心が洗われる風景だよね。胸に手を当ててジーッと考えてみる。うん、ちょっと心があった。頚椎症性神経根症の所為で左手の麻痺がとまらない。そろそろ医者に行かなくちゃ。健康が何よりだよねぇ。そういえば昨日、五星春香に久しぶりに顔を出したらもうやめるなんて言ってたな。

    • 砂漠王 より:

      サンビーチャーのさとちゃん、おっはよ!パート2。僕なんか首と腰がほぼほぼ即手術級のヘルニアなんで手も足も痺れっぱなしで手も足も出ない大和田(爆)。まあ、慣れだね。あらら、ファイブスタースプリングスメルが幕を閉じちゃうの?う~ん、ランチにでも行ってきますか。