僕の聖地でもあり天国でもある鳥羽水族館で半日を過ごすという贅沢@三重県鳥羽市

この夏、最後となる青春18きっぷの権利を行使しよう。目指す先は鳥羽、君に決めた!おいおい、この間も行ったばっかじゃないか。うん、そうだったね。孤独な僕は鳥羽で乗り換えると賢島界隈を訪れたよね。その日は志摩マリンランドでマンボウと戯れた僕だが、今日の鳥羽水族館はジュゴンと戯れるために訪れた。ところがだ、9月に入ったから子どもたちはいないと思いきや、学校ぐるみですっげぇ数のちびっ子ギャングがてんこ盛りだった。せっかくアダルティな大人の水族館をじっくり味わおうと思っていたのに・・・。ま、しゃーない。暇つぶしにマイ・フェイバリット・スポットを物理的にザッと駆け足で動画に収めた。個人的にはちょうど5:00のマナティーが腕を組みながら死んだように仰向けになって爆睡しているシーンがたまらない。あー、死ぬほど癒された僕だった。

本当は水族館内のレストランでランチを堪能しようと思っていたが、あまりにしょぼっぽかったのでジュゴンのセレナに別れを告げると近鉄ではなくJR鳥羽駅構内にある『○八食堂』で確実に新鮮な「さしみ定食」を味わった。ご飯を食べながらお茶代りに平気でビールが飲める人間ですびばせん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぴー。 より:

    まなぴーが腕を組みながら死んだように仰向けになって爆睡しているシーンがある意味たまらない。まだ生きているのだろうか?ははは、そんな奴ぁ~どうでもいいんです。汁物がないと飯が食えんという奴が多く蔓延る世の中で、自分はといえば別になくてもなんとも思わないんだけど、サービスと言われればやっぱり飲んじゃうよね。食事を全て済ませてから味噌汁タイムを楽しむ習慣が宅の坊主に遺伝していたことを先日、初めて知った。

    • 砂漠王 より:

      お!初めてリアルタイムにコメントが反映されたさとちゃん、おっはよ!まなびくんは飢えに苦しんだ悲惨な末路だったようだよ。本当に残念ちゃんな人を亡くしたね。はい、僕たちの夢と希望を語るのはここまでです。おいおい、ここにもいるのかよ。最後に味噌汁をすする奴。いつも我が家の女系家族たちには「均等に時計回りに食え!」と言っているけどほぼ無視されている。最初に味噌汁をすするのが僕のルールです。

  2. ヨッシー より:

    鳥羽の水族館をご案内いただきありがとうございます。こんなに広かったんですね。
    昔、鳥羽水族館には人魚姫がいると父が連れて行ってくれた時、期待を膨らまして行ったら想像だにしなかったマナティの姿があり、子供心にショックを受けて・・・。
    今なら確かに癒しの対象に見えるけれど、幼かった時の人魚姫伝説を覆された傷はいまだに癒えていないかも。
    お刺身、美味しそう~。

    • 砂漠王 より:

      伊勢の女神様@ヨッシー、今日はあづい・・・。やっと涼しくなってきたと安堵していたのにムダにあづい・・・。はい、弱音と愚痴はここまでです。伊勢は当然のことながら鳥羽や志摩方面も結構な観光客であふれているよ。昨日、電車から降りたばっかの2人の男性が「何もねぇじゃん」とか抜かしていやがったのでアイ・ラブ鳥羽のこの僕が海に沈めたろか!と思ったがね。