長女はどこへ消えた?

世界レベルではどうか知らないが、全国レベルでは今日は敬老の日。そして、明後日は僕の誕生日。ってことで、パパより何気に貯金が多いと推察される上から2番目の娘、日本語に翻訳すると次女がこのところいい感じに発酵しかけている義父&義母と一緒にご馳走してあげる♪と偉そうに言うので不本意ながらサがミ岐阜加納店に行った杉山ファミリーだった。2018年8月25日にサがミとの決別を宣言した僕だが、こういう場合は仕方ない。ってことで、敬老の日までの4日間だけ戦略的に販売している『敬寿御膳』をご馳走になった。娘のおごりだと「び、ビールも飲んでいいかな?」と地味に委縮しちまうのでそれなりに面倒臭い。とは言え、うれしいことはうれしいのでありがとう。ところで僕には可愛い娘が2人いる。上から1番目の娘、日本語に翻訳すると長女はどこへ消えた?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    波平がその対象になるのならば、それよりも年上のスギちゃんや自分もまた敬老の日の対象者になるのだろうか?果たして年齢に関係なく孫がいる事実だけで対象になるのだろうか?まぁいい。我が家は実の娘がなんの施しもしないもんだから、代わりに婿が娘たちにオプションで坊主を伴い実の娘の実家まで敬いに行ってきたよ。これってどうなの?まぁ、いない方が円滑にことが運ぶからいいんだけど。

    • 砂漠王 より:

      ハハハ、只今、ご無事に敦賀くんだりからご帰宅あそばせた真っ最中のおスギだお。あー、案の定、疲れたびー。波平よりも41歳になったときに「バカボンのパパと同じかぁ」と思ったときのほうが確実にショックだったよ。まあいい。ジャパンは65歳以上の比率が世界1位なんで国ぐるみで敬老の日を祝ったらどうなんだ。これから発泡酒タイムとまいります。