はるか昔の開国に思いを馳せながら古き街並みを一人きり計画的に徘徊した僕@静岡県下田市

「伊豆」は「いず」ゆえに「izu」と打つのが正解なのだけど魚津病で「idu」と打ってしまいがちな杉山です。説明しよう、魚津病とは富山県にある魚津市は「うおづし」なのにホームページの綴りが「uodu」ではなく「uozu」となっていることに年中無休で苦悶してしまう新種の病気なのである。な~んてね。日本最古の魚津水族館はまだ元気に活躍しているのだろうか。ここまで書いて言うのも何だが今回、訪れたのは魚津ではなく伊豆下田だ。伊豆急下田駅に到着するや否や寝姿山の山頂まで下田ロープウェイで登った。ほら、ご覧。澄み渡る快晴とこの僕のおかげで伊豆七島が見えるよね。

寝姿山を十分に堪能した後に観光案内所で教えてもらった『なかがわ』で「海の定食」を食べたが、海なし県でこのレベルだったら満足だけど逆立ち歩行でも海にたどり着くここ下田では2100円も払ってこれでは弘道君があまりに哀れだと思いませんか。この場合、誰を責めればいいのだろうか。

はい、今回の主たる目的の中の上から3番目で下から2番目くらいだろう了仙寺を一人きり訪れた。

いいもんですねぇ、お寺めぐりも。海善寺、宝福寺、了仙寺、長楽寺など下田には素晴らしいお寺がてんこ盛りだった。そして、ペリーロードで風情と趣を足して情緒でステアしようと思った僕だが、通りの建物がまさかの解体工事中で通行止めだった。左の電柱広告には「あほや」と書いたるがね。

まあいい。そんなことよりツインルームのシングルユースってお彼岸のおはぎを独り占めするようなプチ贅沢とは似ても似つきませんよね。とにかくお得感が平積み状態だけどビンボー症ゆえに両方のベッドに入りたくなる病気は仕方ない。今日もいい一日だったけど間違いなく明日もその予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする