下田海中水族館でイルカと戯れた後は下田バーガーで限りなく満腹になった僕@静岡県下田市・伊東市

案の定、伊豆下田の朝っぱらはムダに早すぎてスズメも鳴かない3時18分に目が覚めた僕だった。おはよう、僕。今日もたくさん歩くからよろしくね。昨日、ローソンで買ったメンチカツバーガーとアンティークのチョコパイリングを熱い珈琲でやっつけた。熱い湯で丁寧に髭を剃ると7年半ぶりの下田海中水族館を訪れた。左隣のお兄ちゃんの絶叫がやかましくてイルカたちに集中できなかった。

とは言え、これもイルカのパワーなのだろう。見ず知らずのお兄ちゃんもハッピーそうで何よりだ。かく言う僕も笑っちゃうくらいハッピー&ラッキーだけど。ほぼ貸し切り状態の館内を舐めるように歩き回った。舐めんかったけど。おそらく距離的に再訪はない思った僕は魚たちと名残を惜しんだ。

ほら、ご覧。鬼太郎の一反木綿っぽいエイたちも僕とのお別れを悲しむかの如くアジを食っていた。

さぁ、いい感じで空腹感がジワジワと押し寄せてきたので水族館から徒歩25分くらいの場所にある『Ra-Maru』でカリカリに揚げた金目鯛といい感じに溶けかけたカマンベールチーズとetc.を挟んだ「下田バーガー」をむさぼった。これだけで飽和状態の3丁目8番地くらいすっげぇ満腹になったし数十年ぶりに飲んだバドワイザーもシャビシャビではなくフツーだった。では、下田を後にしよう。

新幹線の時刻まで熱海でのんびりしようと思ったが、せっかくだから伊東界隈を散策すべく計画的に途中下車した。そして2回目となる東海館の見事な造りを目と鼻と耳と手と足で楽しんで口はない。これにて急に思い立った伊豆下田のぶらり一人旅は無事に終わった。また逢う日までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぴー。 より:

    スギちゃん、そろそろ帰宅時間に差し掛かるこんにちは、赤ちゃん。たしかにあれで2,100円はないね。下田ともあろうものが旅行者はもっと大事にしないと。まぁ、人を見てそうしているのならばある意味理由はありそうだけど。下田バーガーはいいね。怖いもの見たさで食べてみたい気がする。ただ下田でだったらそうするけれど、岐阜でわざわざ食べたいとは思わない。エイはいいねぇ~。実に癒される。心が疲れてるのかしゃん。はぁ…。

    • 砂漠王 より:

      ったく、疲れる心があるなんて君もまだまだだね。僕なんか心がないから疲れようがないんだけど、体中がだるくてほぼ一日、寝てましたがね。ハハハ、さとちゃん、こんばんは。正直、今の僕にはラーメンは生ゴミ同然だけど海鮮物もそれに近くなりつつあるんだよ。なので、旅先ではコンビニが最高の飲食店なんだよ。いいかい、マジで。はぁ、今日は2時間くらいパソコンでチマチマやっていい感じに目が疲れてきたら爆睡しばぶ。