リトルワールドでそれぞれの国の消費税率に思いを馳せまくる@愛知県犬山市

世界の国々の文化と風習と食事を研究するという誰からも叩かれない大義名分の下、小っちぇ世界、翻訳するとリトルワールド。省略するとリルワーを訪れたちびっ子連れの僕がいた。研究って本当に楽しいね。日中はすっげぇ暑かった。この「日中」は日本と中国の関係を指すのではなく、物理的に真っ昼間という意味なので念のため。そして僕はと言えば、莉子ちゃんを抱っこしてバリ島にいた。

その後、しばらく歩き回ると僕の中の大量のDNAがそうさせるのかイタリアの農家をモデルにした洒落た建物の隣にある『アルベロベッロ』でマルゲリータやパスタなどを堪能した。あ、そう言えば昨日のランチもサイゼリヤだった。だから、僕の中の大量のDNAがそうさせたのだろう。ハハハ、結衣ちゃんね、これはジイジの故郷のビールだよ。ボ~ノボ~ノ♪そこで思ったのだが、どうせならそれぞれの国の消費税率で販売すれば面白いのに。今日も平穏無事に一日が終わって何よりだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サトレーゼ より:

    どうせなら結衣&莉子にコスプレを堪能させてあげれば良かったのに。それなりに予算はかかるけど。娘たちとのリルワーも3回が限度だね。かといって相手が変わったとしても、もういい。運転手付きで飲み放題だったら考え直さないこともないかな?
    そんなことより、明日はあん子の誕生日なの。だから「シャトレーゼ」にケーキを予約したんだけど、「明日は早終いしますので午前中に取りに来てください」なんて電話がかかってきやがった。それってどうよ?「仕事で取りにいけない」と突っぱねたら自宅まで配達します、だってさ。最初から台風の動向を読んで予約受けなさいって。でもこんなことがあっても未練がましいジジイは今後も暖かく見守ることにするよ。

    • 砂漠王 より:

      おぉ!マイ・シャローナ世代にはうれしいマイ・シャトレーゼじゃないか。うらやましい。ハハハ、さとちゃん、こんばんは。当然、結衣&莉子にはドイツの民族衣装を着せたけど、それって20年前に娘たちが着たものとまったく同じだお。いいですねぇ、20年ぶりにまた着るとは。それでは今からシャッターを閉めまくります。あん子ちゃんに今夜12時を回ったら叩き起こしておめでとうとお伝えください。