御陰という生き方:ビッグマックで森羅万象に感謝する僕のステキ

万が一、あなたに心があるとしたら身も心もジャンクフードにどっぷり浸かりたいと思いませんか?僕は思いませんし心もありません。ちなみに、僕は「万一」ではなく「万が一」を好んで使います。美しい青空が広がったことだし今日は絶好のジャンクフード日和だよね。ってことで、岐南町にあるマクドナルドをスルーせずにドライブスルーしたった。説明しよう、岐南町は羽島郡の一部のくせに何気に儲かっている町だから隣接する岐阜市が狙っているものの全然、相手にしてもらえないんだ。だから、そんなことはどーでもいいんです。たとえそれが悪しきジャンクフードの総務部長のようなビッグマックとは言え、箸の上げ下ろしや歯磨き、耳毛抜きなど一挙手一投足を愉しむこの僕ゆえにハンバーガーの咀嚼も同様に楽しんでいる。マックフライポテトやチキンナゲットなども一口一口、一噛み一噛みを丁寧に味わっていると「会ったことのない誰かが僕のために作ってくれた料理だ」と森羅万象に感謝したくなるんだ。今日の僕、ステキの最上級。では、また逢う日までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼー より:

    ビッグマックと対照的に白魚の様な手をしているんだね。食らいつく口元は旬の河豚の様だけど。朝から何ものどを通らない。つーか、ジャンクフードも自家製派だったのにマグドナルドだなんて珍しくね?

    • 砂漠王 より:

      うん、口先と手先はキレイで器用なんだけど足元はフラフラのおスギです。ここだけの話だけど今日はフレッシュネスバーガーだったの哀川(笑)。昨日、ビックマックを食ったことすら忘れていたの大和田(爆)。もうとっくにダメかも知れない。