±0思考

「3日後に火事か地震が起きたらどうしよう?あと9年も住宅ローンが残っているし保険金だけでは元どおりにならないから路頭に迷うじゃん」という何の根拠も確証もないのにただひたすら怯えるはマイナス思考だよね。「そうなったら仕方ないので自宅を売り払ったお金と保険金を持参して函館か熱海か沖縄でそこそこの賃貸マンションでも借りて死ぬほどのんびり暮らしたいよね。そのためには常日頃からリスク回避の対策だけは万全にしておかなきゃね。生きてさえいればバラ色のハッピーが訪れるってもんさ」というのがプラス思考だよね。ちなみに、今回は便宜上、仕方なく使っただけで僕はプラスとかマイナスというカタカナの安い思考法が新鮮なとろろの料理と同じくらい大嫌いだ。想像しただけで群青色の蕁麻疹が勃発しそうだぜ。ま、群青色の蕁麻疹があればの話だが。ハハハ、群青色は「ぐんじょういろ」だお。「パパ、今日は朝っぱらから会社のソフトボール大会があるんでチビたちの面倒をよろしくね」。え!マジ?今日の予定が3センチ5ミリ以上も狂っちゃうじゃん。こ、この僕としたことがリスク回避の「り」の字も対策をしていなかったぜ。溝旗公園で疲れた僕。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼー より:

    暇してたから呼んでくれれば良かったのに。昨晩は現場仕事だったから逆に昼間は休眠状態だったのよ。仕方ないから茜部くんだりの『マツヤ』で散財しまくりました。群青色と黄土色はお気に入りの三文字だよ。あとはこれに小豆色と萌黄色が加われば他はもう要らない。

    • 砂漠王 より:

      いつもの眼科で「正面の緑の◎と赤の◎のどちらが濃く見えますか?」と聞かれたときに「強いて言えば黄色ですか」とボケたら気持ちよくスルーされたおスギです。ハハハ、それから10分間は地獄だお。なんだ、どうせ暇だとは思っていたけど誘えばよかったね。公園のすぐ隣のカフェのマダムっぽいマスターは外で何やら作業してたけど一切触れてはいけないと思って目も向けなかった僕たちだった。今日は完膚なきまでに内勤作業だお。