100%の紅葉を満喫するために大好物の郡上八幡を訪れた僕@岐阜県郡上市

梅宮辰夫の名言に「仕事はいつでもできるが漬物を漬ける時期は今しかないんだ」がある。案の定、そう言って仕事をキャンセルした辰兄はあまりにグレイトすぎる。僕曰く「仕事はいつでもできるが郡上八幡の紅葉は今しかないんだ。でも、僕には仕事すらないんだ」とブログに書いた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。ってことで、速攻で郡上八幡へと向かったロンリーウルフの僕がいた。

↑で「今しかない」とは言ったものの100%の紅葉には若干、早かったようなそんな気がした僕は小駄良川でキャッキャと戯れていた。見上げれば青空に映える郡上八幡城は圧倒的にステキだった。

「モミジ狩り」と「オヤジ狩り」は似ている。定番の宗祇水の前で何気に楽しいフリをする自分にも疲れたので『そばの平甚』にオープンと同時に左足から入ると「飛騨牛ランチ」を大いに堪能した。後から入ってきた客が「え?焼きそばはないの?」と不思議そうに首を傾げながら店を出て行った。事前に調べもしないお前の安易な行動と存在のほうが不思議だよ。今日も徹底的にいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 黒木諭 より:

    なぜ平甚に焼きそばがあると思ったのだろう。それに、そこまでして焼きそばが食べたいほどに頭の中が焼きそばだったのか?謎は深まるばかり。まぁ、自分の中だけのことだけどね。GJ8マン号(通称:長良川鉄道)で行ったの?さくらももこが郡上八幡のことを好き過ぎて勝手にキャラを考えたんだってね。さくらももこは会ったことがないけれど、声優のたらこは店に来たことがある。まんま、ちびまる子ちゃんだった。

    • 砂漠王 より:

      うっぷぅ~♪食いすぎたぜ。とにもかくにも寒い冬を乗り切るためには体力を付けねば。ハハハ、さとちゃん、こんばんは!ううん、長良川鉄道は理不尽なくらい運賃が高いからドリーム号だよ。高速代をケチって弘道が下道を走ろうと思ったけどたまにはETCカードも使わなきゃと思って高速で行ったんだよ。あまりに好きすぎるんで来月も郡上八幡に行ったろかしゃん。