セピア色と原色が交錯する三井寺を存分に楽しんだ僕@滋賀県大津市・長浜市

あ、いい感じのめまいが止まらない。僕、もうダメかも知れない。ってことで、鉄分を補給するべく青春18きっぷの権利を行使することに9日前から決定していた。まずは近場の滋賀県大津市にある三井寺を堪能しようそうしましょう。正式の名称を長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)と言う三井寺だが佐良直美は今も元気でご活躍なのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。

PayPayのお賽銭はOKですか?うん、やれるもんならやって渡辺美奈代。紅葉が偏差値79レベルのベストシーズンだというのに人徳なのか何気に貸し切り状態で国宝の金堂もこのとおり独り占めさ。

とにかく国宝&重要文化財がてんこ盛りで1桁の気温の厳しさも忘れるくらい歩き回って堪能した。借景かつ主役でもある紅葉も素晴らしい。滋賀県にはもったいない名刹だ。と感じていたら案の定、この三重塔はもともとは奈良県にあったものを移したらしい。滋賀県、あなたって滋賀県は・・・。

雑巾を絞るように600円の拝観料をミリ単位で使い切って感動していたらスタバ@ビエラ大津店に向かうつもりがプチ鉄っちゃんの僕としたことが反対方向の列車に乗っちまったようで仕方ないから湖西線経由で琵琶湖の周囲をぐるっと回る計画に変更した僕の機転は秀逸だった。大好物の長浜駅で途中下車すると『翼果楼』で1年半ぶりに食事をした。1年半前にはクレジットカードは使えたのになぜか今ではPayPayやSuicaがNGなのは当然と言わんばかりに時代に逆行するかの如く現金のみにダウングレードしていた。肝心の鯖寿司も以前と比べると「これ、作り置き?」と思うくらいお皿にへばり付いていたのでこれでさよならミス・ワイコフ。一方、三井寺への再訪は100%ほぼ確定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むしか より:

    「めいさつ」って読むのね。意味も知らんかった。メモメモ。

    • 砂漠王 より:

      相変わらずスズメより早起きしちまった。ハハハ、虫ちゃん、おはよ。これはここだけの話にしておいてあげるね。駒場食堂で言ってご覧。出入り禁止になっちゃうよ。というか、理系の学生は読めないかも知れない(爆)。

  2. さとぼー より:

    キャッシーとのレズビアン騒動で闇に葬られて以来、その名を耳にしたのはこれが初めてかもの佐良直美。渡辺美奈代の旦那は矢島家具の息子だけど、帰省する度に夫婦でうちの店に寄ってくれたよ。呼んでもいないのに。

    • 砂漠王 より:

      梅宮辰兄も逝っちまったか・・・。さとちゃん、おはよ!次々に昭和の伝説がいなくなるから寂しいね。なので佐良直美も引きずり出してきたの(爆)。大塚家具はヤマダ電機傘下に入ったけどそもそも少子化問題以上にノマドが増え続ける今の世の中に家具なんて要らないよね。とブログには書いておこう。では、小規模企業共済の入金に一滴増す!