外国人観光客が多いだけありキャッシュレシーな街に触れた僕@岐阜県下呂市

今まさに、ブログ内をググったら昨年の12月も沖縄から帰った直後に下呂界隈を青春18きっぷで訪れていた僕がいた。しかもランチを楽しんだ店も同じだった。その『Rigolo×Rigolo』で朴葉みそ仕立ての「飛騨牛鉄板ハンバーグランチ」を堪能した。カウンターでハムスターのようにチマチマと食べている僕に「たしかワンプレートランチを食べていただいた・・・青春18きっぷで・・・」と和歌山県和歌山市出身のマスターが言うと大阪府枚方市出身の奥さんがうなずいた。おぉ!1年前の一昨日にたった一度だけ訪れたこの僕を覚えているとは恐るべし関西としては立ち位置がビミョーな地域出身の2人。やはり僕の「2回も通えば常連で3回以上は大株主」理論は正しかったようだね。

さすがに1年に一度では申し訳ないので来春までにまた来ます。その後、歩いて17分の場所にある合掌村を訪れた僕は、昨日が冬至ゆえに明日まで「ゆず」がトッピングされている足湯に浸かった。ほら、ご覧。ハハハ、異様に白い足だよね。前にも言ったが何度でも言おう。僕のキャッチコピーは「腹は黒いが肌は白い。性格はウザいが本質はキモい」。勇気と根性で来年もせいぜいよろしくね。

ムダに血行が改善されたせいか小腹が空いた僕は、合掌村の中にある『市倉』で「いわな炭火焼」を一人きりむさぼった。しかし、小っちぇな。これで750円か。では、そろそろ今日の〆に入ろう。ランチも合掌村の入場料も小っちぇいわなも地元の喫茶店のホットもヤマカワ本店のしらさぎ物語もすべてPayPayで決済できた。小銭は1円も使わなかった僕。JR東海よ、いいかげん、下呂駅くらいSuicaを使えるようにしたらどうなんだ。青空に恵まれたしのんびりできたし今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼー より:

    枚方市にはふりがなを打っておかないと70%の人が読めないよ。そういう自分は着ぐるみ熱中症死亡事故があるまで読めないどころかそんな市があるだなんて知りもしなかった、ははは。で、今回も左足から入店したのかしらん?そこまで覚えられていたら完璧。

    • 砂漠王 より:

      ま、NHKの女子アナが「ぐんじょうはちまん」と読んだくらいだから固有名詞は難しい。ちなみに、難読駅名で有名な石動は「いするぎ」で左沢は「あてらざわ」だよ。ハハハ、僕たち石動諭や左沢弘道じゃなくて本当によかったね。さとちゃん、おはよ!う~ん、生中と白ワインを飲んだ後だったから気が付いたら足湯に浸かってた哀川(笑)。でも、そこに肩まで浸かっていなかっただけマシかも知れない大和田(爆)。