飛騨の赤影になって伊賀の忍者衆を攻め倒した気分に浸った僕@三重県伊賀市

照り焼きソースが酸化したサラダ油にしか思えない今日この頃、バローで買ったブリを食べる際にも照り焼きではなく塩焼きを積極的に好む杉山です。胃が重いの。ってことで、伊賀想いの僕がいる。うん、イントロが強引すぎる気もするが、とにかく青春18きっぷの権利を行使して伊賀を訪れた。上野市駅に着くや否や駅前にある『ステーキハウスグラツィエ』で「伊賀牛高虎ランチ」と戦った。戦国武将の藤堂高虎は190センチを超える大男だったらしいが、こっちの高虎は小っちゃかった。

いいですねぇ♪決して君たちのことじゃないよ、伊賀上野城のことだよ。僕くらい城のプロになると正面のショットはありきたりで飽きちゃったので石垣から攻めたんだよ。ハハハ、そんな男前な僕の背後にジャージ姿の上野高校の女子たちがいなかったら間違いなく石垣に頬ずりをしていただろう。

その後、県指定文化財の旧小田小学校本館を訪れたが、これが弘道の琴線に触れて芥見東小学校よりはるかにマーベラスだった。いい、伊賀上野は最高だ。とブログには書いておこう。そんなこんなでいい感じに歩き疲れた僕は、今度も駅前にある『ちゃんとかふぇ』で珈琲と甘味と余情を味わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼぼ より:

    正真正銘、飛騨に縁がある黒影です。因みに黒影の登場はキャストも当てられずただの骨姿。横山光輝め。けっきょく伊賀にまで行ったのに単なる食レポになってしまったということだよね?白く濃厚そうなソースが食欲をそそる。引き続き余生をお楽しみください。

    • 砂漠王 より:

      ハカイダーにレッドやブルーやシルバーが存在することがなかなか知られていない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。僕はずっと引きこもりです。ハハハ、さとちゃん、おはよ!余生も余情もいいけど余貴美子はもっといい。はい、従妹の范文雀よ、カンバ~ック!はぁ、そろそろ地味で地道な作業に取り掛かりばぶ。