大洞緑山の暴れ独楽

間違いなく自分で書いただろうスマホのメモに「遥か色」と記してあったので「へ?小学生のときの想い出の色か?何なんだ?」とトータルで2分16秒くらい悩んでいたら「貼るカイロ」のことだと1分27秒くらいで気付いたものの悩んでいるフリも楽しいと思ってそのまま悩み続けた杉山です。そこでだ、保育園でジジイ&ババア限定の参観日っぽいイベントがあったので出向いたった僕だが、周りを見渡すと安い漫画に出てくるような死にかけのザ・老人ばっかだったので「僕とこいつらとはカテゴリが異なる」と自分に言い聞かせたらそこそこご満悦。その後、各教室に分かれて園児たちと昔の遊びを楽しんだ。ほら、ご覧。根回しは苦手だけど独楽(こま)回しは得意な弘道君。ハハハ、この僕レベルの名人になると独楽の紐は平行二重巻きということを覚えておいてもらおう。フフフ、ご幼少の頃は「大洞緑山の暴れ独楽」と言われたこの僕が周りのちびっ子たちを圧倒してやったぜ。杉山弘道、55歳。いかなるときも全力です!背中と腰に激痛が走ったけど今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとべー より:

    動く弘道くんを久しぶりに見た~
    岐阜市歴史博物館でベーゴマに挑戦しようも一向に回すことが出来なかった自分を他所に、年の頃ならば80歳ほどの明らかなおじいさんがスイスイと回しとったがね。遊び道具に時代背景が垣間見られた一瞬だったよ。因みに普通のコマならば全然得意。因みに凧揚げも得意。

    • 砂漠王 より:

      うん、そのうち笑う弘道君もプレゼンツしてあげゆ。ハハハ、さとちゃん、おはよ!ちょっと独楽を回すだけで周りのちびっ子たちが目を輝かせて寄ってくるから可愛いもんだね。ただね、独楽の回し方は一日かかっても教えることは難しいの。ってことで、逃げるようにその場を去ったジジイを許してほしい。では、これから面倒臭いけどLINEでミーティングに入ります。