感動的な中国大返しと山頂からの絶景に酔い痴れた僕@岡山県岡山市・総社市

この僕が戦国時代の中で最も興味を抱く史実は本能寺の変で信長が自害したことを知った秀吉による備中高松城からの中国大返し。いつまで待っても何もないのは娘たちの恩返し。ハハハ、相変わらず絶好調の杉山です。君たちも来年は「世界のアツローと逝くいや、行く日本の歴史ツアー」に嫌でも参加してみないか。今ならもれなく15%OFFのクリーニング券が付いてくるようにしてあげる。僕一人で面倒を見るのはもう限界なんだよ。はい、上記のとおり今回は初日に備中高松城と鬼ノ城を全力で攻めた僕たちだった。翌日は翌日のブログで確認しなさい。水攻めの痕跡を見付けて喜ぶのは僕たちだけかと思いきや、母娘らしき2人もそこにいた。しかし、軽い会釈だけで僕たちは別れた。

することがなくなったので備中高松城を攻めると資料館のおばちゃまの地元民の感情あふれる解説がとても分かりやすくてマーベラスだった。是非ともここでおばちゃまをご指名することを強要する。

さぁ、服部駅から予約しておいたタクシーに乗り込むと先日の『ブラタモリ』を見てますます興味が湧いてきた現在進行形の鬼ノ城を攻めた。青空でないのがむしろ雲海に見えて激しくステキすぎた。

ちなみに「きのじょう」と読むので念のため。明らかに日本古来のそれとは異質っぽい佇まいが僕を雲海の中へと引き摺り込んで行くようだった。案の定、僕の妄想列車は走り続けて止まらなかった。

これは当然、君たちも知っている鬼ノ城で最も有名な高石垣だよね。嗚咽するくらい感動的だった。

いい感じに汗もかいたことだし一旦、ホテルにチェックインした僕たちがいた。ほう、約2か月前に
オープンしたばかりだけあって新築の匂いがプンプン漂っていた。トイレもTOTOでご満悦な僕。

その後、すぐに観光案内所の女性スタッフに紹介してもらった美観地区の近くにある『しんすけ』で夕食を取った。どれもこれもイチイチ美味しかったが、ここら辺の名物らしき「ままかり焼き酢」はさらに美味しかった。明日も山城を攻めまくるので今日は早く寝よう。初日は17122歩だった。

コメント

  1. さとぼ より:

    岡山には利守酒造という懇意にしている酒蔵があるのだけれど未だ訪れたことがない。行く前に「酒一筋」を飲んでおきなさいとアドバイスしておくべきだった。一生の不覚。因みに「ままかり」も美味しいとは聞いているけれど、まだ食べたことがない。おかずとしてあまりに美味しすぎて自宅のご飯がなくなり隣に「まんま」を借りに行くといったことから「ままかり」と呼ばれるらしいね。飛騨の赤かぶの漬物「めしどろぼ」と同じ発想だな。

    • 砂漠王 より:

      あー、腰が痛ひ。おまけに冷えと乾燥で危ない感じだよ。危ないのは性格じゃないよ、風邪をひきそうだってことだよ。ハハハ、さとちゃん、こんにちは。相変わらず世界のアツローはマイペースで元気だったよ。ちなみに、ままかりはバローでも売っているけどそこらの川に泳いでいるオイカワの南蛮漬けか?って感じだよ。それはそれで貴重かもしれない。では、昨日、自分に買ったお土産を食いまくりましょう。