けん玉で試みる「できること」と「できないこと」の分岐点

岐阜市内では野良猫でもご存じの周知の事実だが、ご幼少の頃の弘道君は「大洞緑山の暴れ独楽」と言われたほど独楽回しは得意だった。が、けん玉は触ったことすらなかったのでからっきしだった。ふ、それも今日までさ。調べたらスギ薬局の景品の中にけん玉があるじゃないですか。ってことで、2500ポイントで手に入れたった。ほら、ご覧。山形工房の競技用けん玉「大空」だよ。ハハハ、僕は何を目指しているのでしょうか。説明しよう、保育園で披露して「すっげぇ~!」と園児たちに圧倒的な差を見せつけたいだけなの。そう、来年のジジイ&ババア限定の参観日っぽいイベントまであと1年しかないんだ。就活なんかしている場合じゃないんだ。では、そろそろ今日の〆に入ろう。できないことに力を注いでも徒労に終わる。できることをこなすことが成功への唯一の道程なんだ。できないことを1秒でも早く見極めサッサと見切りをつけたもん勝ち。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとけん より:

    果てぇ~しぃないぃ~大空ぁとぉ~♫
    よっ!名調子っ!
    たぶん、もう飽きている頃だろう、けん玉。出来ないことを最初からやろうと思う体目なんだよ。じゃ、少しアドバイスをしてあげよう。けん玉は手先でやるもんじゃないんだ。肝心なのは膝だよ膝。腰の悪い人にはちょっと酷な競技だよね。そう、遊び気分で出来るほど簡単なものではないんだよ。因みに自分は全く出来ん夢枕(爆)

    • 砂漠王 より:

      ふぅ~、すでに全てできるようになっちまっただよ。ハハハ、スネークチキン野郎のさとちゃん、おはよ!なかなかいいですぞ、けん玉。ちょうどボケ防止になるし、集中力も高まるんで原価は0なのに素晴らしい活躍ぶりですぞ。そう、座ってやるより立ってやったほうが確度は高いんでやはり腰は大事だね。ってことで、今日もYouTubeで大技を見ながらさらなる躍進に励みばぶ。