28年前の今日は小泉今日子の『あなたに会えてよかった』を聴きながら

山茶花(さざんか)と椿の見分け方は難しいけれど目を閉じて濃厚なアップルジュースを飲みながら「これは桃かパイナップルだね」と悦に入る僕の味覚は偏差値23レベルの今日この頃、ある意味、何を食べても美味しい杉山です。はい、僕が不味いと断言する料理は絶望的に不味い証拠の巻頭文はここまでです。揚げなすの握りとねぎとろ以外、何を食べても無難に美味しいと思う近所の寿司店で食事を楽しんだ杉山家とその周辺の者たち。あ、納豆巻も無理だった。説明しよう、今日という日は長女の誕生日で杉山家とその周辺の者たちが祝うことはステキだけれどお支払いはすべてパパの僕。そもそも嫁いだ娘の誕生日を何でリアルなパパが祝うんだ?パパはパパでも種々のパパが存在する。あっち系の同伴パパならまだしもリアルなパパは違うだろ。まあいい。とにかく全員で祝ったった。その後、我が家に集結するとシャトレーゼのお値打ちなケーキを食べてレゴブロックで遊んでいた。28年前は「お願いだから1月25日だけはやめて」とお願いしたのに未明に生まれた長女だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さーとん より:

    俄然とやっぱりステーキのハンバーグに挑戦してみたくなった。やっぱりステーキそのものすら否定する自分がだよ。これを怖いもの見たさと呼ぶ。因みに回転寿司では何があってもサーモンだけは食べない。北半球で養殖された薬漬けの輸入サーモンには手を出しちゃならなぇぜ。田代まさしの様になりたくなけりゃ気をつけるこったな。

    • 砂漠王 より:

      炙りとろサーモンしか食べない娘たちはどうなるのだろう。ま、炙ってあるからいいか。ぶってぶって!の姫の虎退治で一躍有名になった姫井由美子は今、どこで何をしているのだろうか。ハハハ、さとちゃん、ぶってぶって!いや、おはよ。是非是非やっぱりステーキのハンバーグに挑戦してもらいたい僕がいる。本当に巨大なサーターアンダーギーだから。いいかい、マジで。でね、今日はお取り寄せのスイーツが届くんだよ。ワクワク~♪