僕は入会しないけど「岐阜県の百貨店と濃厚接触する会」を発足しませんか?

先日、大沼百貨店が閉店して日本で唯一、百貨店がない県となった山形県。山形藩の初代藩主である最上義光が草葉の陰ですすり泣いている。ちなみに、名は「もがみよしあき」と読むので念のため。とは言え、心地良い田舎の岐阜県でもヤナゲンが2019年に潰れちまったせいで岐阜タカシマヤが県内唯一の百貨店となったことが心配だ。岐阜県よ、ボーっと油断して山形県に続くんじゃねぇぜ。はい、性格は悪いくせになんだかんだ地元愛はてんこ盛りの巻頭文はここまでです。こんな心地良い田舎の岐阜タカシマヤでも時期が時期だけにショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」が地味に催されているのでクリーム号で向かった。到着するや否やタカシマヤ友の会カードの権利を行使して11階の『みわ屋』で金華山の頂に燦然とそびえる岐阜城を眺めながら「飛騨牛カレー」を食べた。この店のメニューはほぼクリアした僕だが、今回のカレー専門店ではない店でカレーを食う勇気を、朴葉味噌や天ぷらなどの和食ばかりの店内にカレーの匂いを充満させる根性を全力で褒めてほしい。新幹線の窓側の席で崎陽軒のシウマイ弁当を平常心で完食できる図太い神経が僕にはうらやましい。肝心のカレーだが、美味しくなかった。「不味い」という断定形ではなく「美味しい」の否定形だ。そのとき右隣の席の2人の女性が「毎年、名古屋のタカシマヤまでチョコを買いに行ってるんだけど細菌が怖いから今回は岐阜で我慢ね」と言った。そこで僕は「存在自体が新種のばい菌のような僕と濃厚接触を楽しみませんか?」とは言えねぇよ。お腹も膨れたことだし10階の会場へと降りた僕。

ハハハ、8分前に右隣の席のセレブに憧れる2人の女性がおっしゃっていたようにいや、それ以上にしょぼいイベントだったので何も買わずにドン・キホーテ柳ヶ瀬店へと向かった。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼん より:

    玉宮通り沿いにある『富士屋デパート』を忘れちゃいませんか、ってんでい!因みに茶所の駅近くにも支店があるよ。その昔、則武に出来た『ドゥ・スール』というケーキ屋が美味しかったので足繁く通っていたことがあったんだよ。風の噂で「オーナーは何処かのデパートの御曹司らしいよ」と聞き、それが何故、岐阜市くんだりでケーキ屋なんて始めたんだ?なんて思っていたら、その『富士屋デパート』の御曹司だった大和田(爆)すっごい美人の嫁さんだったけれど、内部情報(彼の妹)によれば酒で身を持ち崩し、今ではデブで其処らでも見かけないくらいのばばぁになっちまったって。当然、店は程なくして潰れたけどね。

    • 砂漠王 より:

      へ?茶所駅の富士屋って玉宮の富士屋の支店だったのか・・・。おそらく今年の中でこの僕の衝撃的事実ベスト5に入るだろう。ハハハ、さとちゃん、おはよ!そうだったのか、それはまったく知らなかったよ。ま、知っていたところで僕の人生に1ミクロンも影響しないけど。衰退する施設ってトイレを見ればよく分かるよね。でね、帰りに寄ったドンキはエスカレーターもトイレも故障中だった花紀(驚)。ったく、やる気あるのかね・・・。