誰かに支えられて生きているという実感と幻想

「ワレ、ほんまは大阪人ちゃうけ?」を世界標準で略すとWHOとなる。んなこたあない。ハハハ、誤解しないでほしい。1ミリも大阪人をコケにしているわけでなく関わり合いたくないだけなんだ。はい、それなりに危険を冒した命がけの巻頭文はここまでです。性格がエイリアンのような僕だけど今日は五臓六腑がイタリアン。ヒヒヒ、意味不明。説明しよう、今から17年前に独立した僕を陰で支えてくれたIT企業の森本社長がイタリアンの『うれし野』をとっくの昔にオープンしていたので楽しく会食した僕たちだった。ここまでで言いたかったことは、別に陰ではなく表でこれ見よがしに支えてくれてもOKよ!さらに君たちも今からでも遅くはないから僕を支えてやったらどうなんだ。ということです。その節は本当にありがとうございます。今後も毛嫌いせずにそこんとこ夜露死苦!とは言え、何気にシャイな森本社長は片隅に隠れて店長の竹内綾美さんがおもてなしをしてくれた。

その際に「来る?」とLINEしたら「行く!」と速攻で返ってきた世界のアツローがここにいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    ごめんね~、鈴木杏樹を寝とり中で駆けつけることが出来なかったよ。綾美ちゃんは凄くいい子でね、自分の正体を知っていたくせに知らないフリをしていてくれた、ってうちの本店の店長が話してた。うちのスタッフに暴露しとるやんけっ!ホント、悪いことは出来ないねぇ。ごめんね、杏樹、ならびにスギちゃん。

    • 砂漠王 より:

      僕、もう立ち直れないかも知れない。どうせ不倫するなら僕に一言くらい声を掛けてくれよな。ハハハ、さとちゃん、おはよ!今まさに、二日酔いの真っ最中。ぐあんぐあん地球が回ってるぅるるる~♪クロキ君とワタナベ君のことは会話の中に出てたよ。うん、玉宮界隈から神田町にかけては悪いことはできないね。安良田町ならOKだけど。では、午前中はアルコールを抜くことに全力を注ぎまくります。