右隣に座っていたご婦人からいただいたウェットティッシュに助けられたお話

人魚を「1人、2人・・・」と数えるのに対して魚人を「1匹、2匹・・・」と数えるのは上半身、ひいては見た目が大事ということだろうか。天使を「1人、2人・・・」と数えるのに対して悪魔を「1匹、2匹・・・」と数えるのはとにかく性格が大事ということだろうか。ってことは、見た目は人魚のように最高なのに性格は悪魔のように最低な場合、いったいどんな単位で数えるのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。いつもなら外れる天気予報が当たっちまって西日本でも雪が降ったじゃないか。はい、天城越えより険しく厳しい忠節橋越えにビビりまくった今日この頃の巻頭文はここまでです。そこで岐阜バスを利用した僕たち三世代だった。止ん事無い事情とは言え、県庁のある長良川の南から何もない北へと渡るのはとても空しく侘しい。ほら、ご覧。この8分後にバスに酔った結衣ちゃんが吐いちゃったんだ。そのとき右隣に座っていたご婦人が心配してくれた。その節はどうもありがとうございます。でも、心配をするよりそれなりのお世話をしてほしかった。

用事を済ませるとちょうど正午だった。物理的にお腹が空っぽの結衣ちゃんの「おなかがすいた~♪おなかがすいた~♪」というドルビーサラウンド方式の一人きりシュプレヒコールは鳴り止まない。という劇画チックな流れで最も安上がりっぽいサイゼリヤ岐阜北島店を訪れた僕たち三世代だった。今日の僕が言いたかったことは、雪はトマトジュースと同じくらい大嫌いな白い悪魔ということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぢ より:

    う~~~ん。。。
    今日は悩む。何故に岐阜バスを使ってサイゼリヤの岐阜北島店なのか。
    帰り道なのだろうけれど、そっち経由で岐阜駅へ向かうバスがあるんだ???
    まぁいい。小六の坊主と二人っきりでギロッポンに行ったときに、帰りの地下鉄でいきなり鼻血をスプラッシュさせた坊主に、向こう三軒両隣から一斉にティシュが出てきたのには東京といえどまだまだ捨てたもんじゃないな、と思ったよ。

    • 砂漠王 より:

      さすが長良川より北方民族だけあり土地勘だけは鋭いさとちゃん、おはよ!ハハハ、もうバスは無理だと思って自宅待機の身内に迎えに来てもらったんだよ。正午だから忠節橋も大丈夫だと思ってね。神戸でね、志賀なるちゃんと慎ちゃんの3人で地図を片手にホテルを探していたらサッと紳士が近寄って来て「何をお探しですか?」と。それがスマートすぎて「さすが神戸だぜ。大阪とはえらい違いだ」と思ったもんさ。